WowooExchange(WWXトークン)はWowooのプラットフォームで動作するメンバーシップトークンです。

現在も話題が絶えないWowooプロジェクトの第2弾として、Wowoo Exchangeという海外取引所が創設されます。

海外取引所と言えば、2017年香港で設立された取引所「Binance」が世界最大の取引所の1つとして成長したことは皆さんも知っての通りかと思いますが、その立役者になったとも言われるのが取引所内通貨のBNB(バイナンスコイン)です。

取引手数料が割引になったり、BNB自体が高騰したりと、取引所を利用するユーザの拡大とユーザメリットの向上に寄与してきたと言えます。

今回ICOが実施されるWowooExchange(WWXトークン)は、イメージとしてはBNBのWowoo版と言ったところです。

Wowooって何?

先に実施されたICO、Wowooと名前が良く似ていることから混同してしまいそうですが、WowooExchangeとWowooは別物で、Wowooプロジェクトの中にWowooExchageが包括されているようなイメージです。

Wowooはシンガポールで開発されているブロックチェーンを用いたプラットフォームです。

『プラットフォーム』で有名どころといえば

  • ETH イーサリアム
  • NEO ネオ
  • LISK リスク

ですが、WowooはICOに焦点を当てたプラットフォームで、価格を安定させるための準備金制度や、トークン保有者による投票で決議される特別決議制度が組み込まれています。

プラットフォーム内で流通する通貨としてWowbitが使われます。

日本の企業『オウケイウェイヴ』が出資

Wowooについては日本の企業であるオウケイウェイヴが出資したことでも話題になりました。

Wowooがコンセプトのひとつに挙げているのが『感動の可視化』です。

なんだか宗教臭いですが(笑)

要するに、有用な情報を提供した場合にはちゃんと対価を得られるようにしましょうと言う事です。

出資する日本の企業オウケイウェイヴは日本最大のQ&Aサイトを運営していますが、例えば、質問に対して有益な回答を貰えた場合『ありがとう』と言う気持ちをwowbitトークンで支払う『投げ銭』のような機能が実装されれば、回答の質も上がりますし結果的にコミュニティが活発になると予想されます。

参考:仮想通貨交換業の登録申請(オウケイウェイヴ)

ロジャー・バーとNEOがアドバイザーに

またWowooにはビットコインの神様ことロジャー・バー氏、そして中国版イーサリアムの呼び声が高いNEOの創業者・CEOのDa Hongfei氏がアドバイザーとして参画しており、ICOで調達額がCOMSAやQASHを超えるのではないかと言われています。

その関係もあってか、Wowooはもともともイーサリアムのプラットフォームを利用していましたが、2018年2月15日にNEOのプラットフォームへ移行しています。

参考:「感動の可視化」ICOソリューション評議会にロジャー・バー氏

Wowoo Exchange(WWXトークン)って?

さて、それではWowooExchangeとは一体何でしょうか?

イメージで言えば、海外取引所Binanceが発行するBNB(バイナンスコイン)のWowoo版ようなものです。

主な役割としては

  • WWXペアでの暗号通貨取引
  • WWXペア取引の手数料割引
  • WWX一定保有でアフィリプログラムに参加可能

などなど。

特にWowooExchangeでWWXペア取引をすると、取引手数料が50~100%OFFになるようです。

Wowooプラットフォーム、Wowoo Exchangeが成長すればするほど、WWXトークンの利用者が増え、需要が増せば、そこにさらなる価値が生まれるという仕組みです。

取引所の利用促進の役割を持つWWXには既に実用性がありますから、WWXトークンそのものの価値の高騰も期待できそうです。

強力な協賛企業

WowooExchageには現在次の

  • QRC HK Limited
  • Next Chymia Consulting HK

2社の協賛が発表されています。

どんな企業なのか見ていきましょう

最高のリーガルチーム『QRC HK Limited』

QRCはレギュテック(法規×技術の造語)プロダクトの支援を行う企業で、英国、日本、香港、中国、ベトナム、マレーシアでベンチャープラットフォーム事業を展開しています。

中国最大のパブリックブロックチェーンであるNEOと提携していることでも知られています。

ブロックチェーンと金融の融合=フィンテックにより国境を超えたクロスボーダー取引が活発となり金融の世界を根本から刷新しようとしています。

そんななか、金融機関が管理しなければならないデータ量(例えばKYC)が増え、規制対応に費やすコストが増大するという課題が浮き彫りになってきました。

日本ではまだあまり馴染みがありませんが、QRCのようなレギュテック企業は、このような課題を解決すべく金融機関に対して有益なサービスを提供することを目的としています。

フィンテックが一層進歩するにはレギュテック企業が必要不可欠と言われていますから、今後伸びていくであろう分野ですね。

WowooExchangeは利用者のKYC(本人確認書類)などの情報を厳重に管理することになりますから、レギュテックのプロフェッショナルであるQRCの協賛は非常に心強いものになりそうです。

外部リンク:QRC HK Limited

ブロックチェーンのプロフェッショナル『Next Chymia Consulting HK』

現在(2018年3月7日)、暗号通貨時価総額6位のADAカルダノの創設者である佐々木健二氏が率いる香港の企業です。

ブロックチェーン技術と金融サービスについてのコンサルティングサービスを世界中に提供しているグループで、企業内ネットワークへのブロックチェーン導入支援も行っているようです。

クライアントにはBittrexがヨーロッパを拠点に開設した取引所ZODIACや、既に10倍以上の高騰と言われるCentralityなどが名を連ねています。

トークン発行やICOの成功請負人と言ったところでしょうか。

外部リンク:Next Chymia Consulting HK

WWXはいつ上場する?

WWXは6月上場予定を目指してプロジェクトを進めているようです。

また、WowooExchangeには

  • BTC、ETH、NEOなどの主要通貨
  • NEOプラットフォーム上トークン
  • Wowooプラットフォーム上トークン

が上場する予定です。

NEO、Wowooプラットフォームで発行される全てのトークンが上場予定ということなので、両プラットフォームにとって必要不可欠な取引所になりそうです。

WowbitホルダーにはWowooExchangeのエアドロップがある?

2018年3月9日修正

エアドロップについては非常に問い合わせ多くいただき、詳しく調べるために元ネタを確認しに行ったところ、その元ネタがなくなっていました。

もしかしたら、誤情報の可能性があるので訂正します。

neon walletでも受け取れます

WowooExchage・WowooはNEOのプラットフォームを利用しているので、neon walletで受け取ることが可能です。

NEOやWowooを使ったICOが活発になれば、ETHのMyEtherWalletのように様々なトークンを管理することになりそうです。

期待大のWowooプロジェクト!

以上がWowooプロジェクト第2弾のWowooExchangeでした。

個人的にも

  • 中国最大のパブリックチェーンのNEO
  • 暗号通貨時価総額6位のADA
  • 2018年最強のICOと言われたWowoo

が絡んでいる時点ですさまじいポテンシャルを秘めたプロジェクトではないかと期待しています。

プレセール・ICOへの投資について

プレセール・ICOへの投資は大きなリターンを見込める一方でビットコインのような多くの取引所に上場し流通量の多いコインと比較してリスクが高いです。

情報は精査しておりますが、いろいろな角度から検証し余剰金・自己責任で投資されるようお願いします。