私が最も注力しているビットコイン案件『BitClubNetwork』ですが

  • どうしてBitClubNetworkなの?
  • 『今』がチャンスなの?

と疑問に思われる方も居ると思うのでその理由を解説していきます。

ビットコインやマイニングについて良く分からない方は、まず次の動画をご覧ください。

非常に分かりやすくまとめられている動画です。

①半減期を迎える前に利確できる可能性が高い

マイニング投資をするうえで半減期のリスクを考慮する必要があります。

現在はブロック生成(マイニング)に対する報酬は12.5BITですが、かつてビットコインが登場した2009年ころは50BTC、2012年には25BTCというように約4年に1回のペースで半減していってます。

そして、次の半減期は2020年で6.25BTCに半減します。

これはマイニング投資にとってひとつの懸念材料です。

順調にビットコインが普及していけば、『需要』が高くなる一方で新規発行『供給』が少なくなるのでビットコインの価値は高騰するはずです。

ところが、予想よりも普及せずにビットコインが高騰しなかった場合はマイニングプールにとっては致命的な問題となります。

価値が上がらなかったのにマイニング報酬が半減するわけですから、半減前は運用できたプールを維持できなくなり破綻してしまうかもしれません。

BitClubNetworkの実績は1000日の運用益が100~110%

BitClubNetworkは創立以来の実績ベースで1000日運用の利回りが100~110%(配当200~210%)です。(再投資率最低の場合)

(もちろん今後のビットコインの相場とマイニングシェアに左右されます)

1000日と言えば、2年と9ヶ月。

ということは2017年中に登録すれば、2020年の半減期を迎える前に運用益を確保できる可能性が高いです

これは非常に大きなメリットです。

ビットコイン投資のなかでも『手堅い』と言われるマイニングとはいえ、回避可能なリスクは可能な限り取り除いておくべきでしょう。

ビットコインの相場とマイニングシェアのいろいろなパターンでシミュレーションした

②半減期を無事に迎えれば大きな権利収入に

そして、無事に利確した後、予想どおりビットコインが高騰していた場合は、半減後も魅力的なマイニング配当が続きます。

『半減するなら配当も半分になるんじゃないのか?』

と思うかもしれませんが、マイニングによって得られるのは新規発行分のビットコインだけではないのです。

正確には、ブロック生成されるとマイニングプールに対して

  • 新規発行分のビットコイン
  • 取引手数料

が支払われます。

『え?手数料?手数料って0.0001BTCとか取られるやつ?そんな微々たるもの??』

と思うかもしれません。

しかし、この微々たる取引手数料が凄い可能性を秘めているのです。

流通量が増えるほど手数料のウェイトが大きくなっていく

ビットコインの売買や投資案件をされた方は分かると思いますが、若干ながら手数料が取られます。

この手数料、一体誰に支払われるのでしょうか?

実は、ビットコインでは手数料は優先的にマイニング・プールに支払われる仕組みになっているんです。

なぜなら、ブロック生成の一番の功労者は膨大な承認計算をしてくれたマイニングプールにあるわけですからね。

ここで、例として過去に生成されたBLOCKCHAINのブロックを見てみましょう。

2009年1月9日。

画像は記念すべき1ブロック目です。(クリックすればBLOCKCHAINに飛びます)

ブロック報酬(新規発行)は50BTC、推定取引量は0BTC(笑)なので取引手数料も発生しておらず0BTCとなっているのが分かります。

まだビットコインに価値は生まれていません。

画像は25000番目のブロック。

ビットコインが世の中に出てから時が流れて2013年8月3日です。

一度目の半減期を迎えているのでブロック報酬は25BTCに。

その代り推定取引量は554BTCと増えて、取引手数料は0.111901BTCに増えています。

つまり、このブロックを生成したマイニングプールには、25+0.111901BTCが支払われています。

そしてそして時は2017年。先ほど生成されたばかりのブロックです。

偶然、BitClubNetworkが取っています(笑)

推定取引量は2877BTC、現在のレートで10分間に4億円の取引がされています。

ブロック報酬は12.5BITと2度目の半減を迎えていますが、これほど大量の取引があるので手数料が1.6BTCにまで膨れ上がっています。

さて、このままいけば2020年にはどうなっているでしょう?

上の画像は1ブロックあたりの取引量の推移ですが、二次関数的に増加していってるのが分かります。

このままビットコインが順調に普及して取引量が増えていけば、ブロック報酬<取引手数料となるタイミングが必ず来ます。

そうなれば、例え今後半減期を何度か迎えたとしてもマイニング報酬のウェイトは既に取引手数料に置かれているためマイニングプールは健全に運営されていくでしょう。

BitClubNetworkでは最初のプール購入以降は一切の追加投資が不要ですから、プール保持者にとって一種の権利収入となるはずです。

また、高騰する前の段階でマイニングを始めれば初期に得られていたビットコインの値上がり益も期待できます

③ビットコインが普及する前に参入すれば大きなチャンスに

2017年は仮想通貨元年と呼ばれていますが、現状はどうでしょう?

  • まだまだ使える店舗が少ない
  • 手軽にビットコインを買えない
  • 怪しさが払しょくできていない

などなど、一般への普及はまだまだこれからです。

しかし、これは逆に大きなチャンスです。

タレントの所ジョージさんが、携帯電話が普及する前から投資していたことで現在莫大な権利収入を得ていると言われていますが、私はビットコインもその道を辿るのではないかと思っています。

では、どのようにビットコインに関われば良いのかを考えた時に、それは『ビットコインの新規発行を担うマイニング事業』に他なりません。

BitClubはマイニングシェア世界3位以内を目指す

円グラフは現在のビットコイン・マイニングのシェア分布です。

  1. F2Pool
  2. AntPool
  3. BitFury

の3強が揺るぎない地位を確立しているのが分かります。

BitClubNetworkは現在10番手~12番手に位置していますが、なんと上位3社のうち2社のAntPoolとBitFuryとパートナーシップを締結しました。

この2社は単なるマイニングプールではなく、それぞれがマイニングマシンやチップの開発企業なので、BitClubが優先的に最新技術の設備投資を行える状態となりました。

それを受けてBitClubは公式サイトで『現在のマシンパワーを今年(2017年)中に3倍にする』とアナウンスしましたので、単純計算で配当が3倍になる見込みです。

このような強力なマイニング・チームにビットコインが普及する前に参入できるということが、いかに大きなチャンスに繋がるか分かっていただけますか?

④イーサリアムやZcashのマイニングプールも買える!

暗号通貨といえばビットコインばかりに注目が行きますが、他の暗号通貨からも目が離せません。

2017年3月に入って第2のビットコインと言われるイーサリアム(ETH)の価格が3倍近くに爆謄しました。

 

一時は1ETH=5000円の高値を付け、Zcashを追い抜きそうな勢いですが…

何を隠そう、BitClubNetworkではイーサリアムやZcashのマイニングプールを購入することができます!

(販売は不定期ですが、人気が非常に高いため、いつも1~2日で売り切れてしまいます)

私は今現在、ビットコイン以外の暗号通貨のマイニングプールを購入できる案件を知りません!

私が購入したイーサリアムのマイニング実績も別記事で公開していますのでご参考に。

ビットコイン以外の暗号通貨なんて使われるのか?

ビットコイン以外はゴミ同然

ビットコイン以外の暗号通貨なんて普及するわけが無い

と考える人も多いですが、私はそうは思いません。

私はビットコインと他の暗号通貨は上手く共存していくと考えています。

なぜなら、いくらビットコインが圧倒的な価値と流通を誇っていても、総発行量2100万BITでは全世界で流通させるには少なすぎるからです。

例えば、もし日本人1億2千万人が均等にビットコインを持ったとしたら、1人当たりたったの0.175BITです。

1BIT=100万円に高騰したとしても、1人当たり17万5000円にしかなりません。これでは全世界の経済を支えるにはとても足りません。

恐らく、ビットコインが暗号通貨の『基軸通貨』としての立ち位置は変わらず、大量の少額決済についてはイーサリアムやZcashのような発行量の多い暗号通貨で補われるようになると考えます。

⑤その後は新規投資家の募集が打ち切られる?

実は、マイニングは新規投資家の募集が打ち切られることが珍しくありません。

現在マイニング1~2位の地位にいるF2Pool(主に投資家の集まり)は既に新規募集を打ち切っています。

これはBitClubNetworkも例外ではなく、2017年3月に創業者の1人が来日した際に、

今後、新規登録を打ち切る可能性はあるか?

との問いに

あり得る

と自身が答えています。

というのも、ビットコインのマイニング事業は

  1. 得られるマイニング利益
  2. プールの維持費
  3. 投資家へのリターン

のバランスを絶妙に保って行かなければいけません。

投資家へのリターン比率が大きくなりすぎてしまうと、最近軒並み飛んでいるHYIP案件と同じ自転車操業になってしまうからです。

ちなみに、BitClubは既にアメリカ経由のアクセスを拒否している状態です。

今はまだ自由に登録できますが、多くの方が半減期前の利確を狙って登録し、マイニングシェアを順調に伸ばしていくと、2017中には何らかの登録制限が掛かると予想されます。

この機会を逃すとマイニング事業に参加する可能性そのものが失われてしまうかもしれません。

チャンスを逃さないように!

以上が『今』ビットクラブに参加すべきだと思う5つの理由でした。

産業革命以降、人類に大きな変革をもたらした技術は

  • パソコン
  • インターネット
  • スマートフォン

と言われていますが、その全てより100倍以上の技術革新となると言われているのが、ビットコインを始めとする暗号通貨であり、ブロックチェーン技術と言われています。

これらの技術は金融と結びつき、『フィンテック』と呼ばれる経済構造や富の分布を一新する可能性をも秘めています。

この千載一遇のチャンスと大波に乗り遅れないようにしたいものですね。

もうちょっと知りたいBitClub

BitClubNetworkに参加するには?

BitClubNetworkの公式サイトはこちらです。

ご自身で登録される場合は、登録手順を参考に。

LINE@でサポートしています

当ブログより登録を検討&登録された方はLINE@でサポートしております。

サポート料金は頂いておりません。

登録希望の方はサポート専用LINE@およびEメールフォームから受け付けております。

(LINE@の方がタイムリーにサポートできます。)

希望登録ID(英数字)

登録用メールアドレス(Gmail推奨)

ご予算

を最初にメッセージしていただければスムースに登録が進みます。

仮/本登録申請・登録者サポートLINE@『本気で考えるサラリーマンの副収入倶楽部』

もうちょっと知りたいBitClub

【随時更新】実際のBTCマイニング収益推移($3500プラン)

誇大広告をするばかりの悪質なセミナーやウェブサイトが多いですが、投資の世界に絶対はありませんので、その証明のため実際のマイニング報酬推移を公開しています。

紹介報酬抜きの純粋なマイニング配当です!

運用開始日:2017年1月10日

最終更新日:2017年9月2日

経過日:235日

日利(通算):0.599%

日利(直近):0.832%

これまでの運用実績(月利・紹介無し)

2017年1月⇒月利3.64%

2017年2月⇒月利6.51%

2017年3月⇒月利5.52%

2017年4月⇒月利5.39%

2017年5月⇒月利9.48%

2017年6月⇒月利11.1%

2017年7月⇒月利9.0%

2017年8月⇒月利18.5% New!!

2017年9月⇒月利??

BitClubはROI(投資利益率)を保証していませんので、良い時もあれば、悪い時もあります。

が、現在のところ着実に伸びていってます。

マイニング配当の時価総額

時価総額:1.30606BTC=4927.88USD(投資額の140.80%回収)

ついに9月1日に1BTC=50万円を突破しました。

年内1BTC=100万円もいよいよ射程圏内になってきたのではないでしょうか?

このままドーンと突き抜けてほしいものですね。

317PHの設備投資が実施されました!

2017年7月19日のBitClubハッシュレート

ついに!7月19日にハッシュパワーの大幅UPが行われました!

アベレージ200PH/sだったのが300PH/sを安定的に出せるようになっていくと思われます。

2017年9月2日のBitClubハッシュレート

実際に9月2日現在は320PH/sを安定的に出しています。

BitClubは9月から毎月50~75PHの設備投資を計画していると発表がありました。

2017年8月23日のマイニング鉱山プール統計

観測するタイミングにもよりますが、鉱山プール統計で上位に食い込むことも多くなってきました。

1日あたりの配当($3500)

1日あたりの配当:0.0055577BTC=10.906USD(再購入100%)

7月19日と8月26日に大幅な設備投資がありBTC配当がアップしています。

USD換算で過去最高水準の配当が行われています。

$500プールで再投資50%(最低)だとどれくらい?

  • 再投資率50%(設定最低値)
  • 最小口の$500

だった場合、どれくらいのBTC配当があるかを公開します。

記録スタート:2017年6月18日

1日あたりの配当(平均):0.0002373BTC=0.763070USD≒84.09円/日

$500プールは最小口なので、予算に対して掛け算すればリターンが単純計算できます。

(*$3500プールの例のように再投資100%で数カ月プール増強に注力した方が後のリターンが大きくなります。

世界有数のマイニングファームによる事業でありHYIPではありません。

こちらの記事も参考にどうぞ。

ビットコインが普及する前に参入するのがベスト

知っている人は知ってますが、まだまだビットコインの認知度は低いです。

ビットコインが一般に普及する前に、ビットコインで資産・権利収入を築いておきましょう。

ビットコインが一般に普及していない段階でマイニング事業に参入できる大きなチャンスです。

当ブログから登録されるメリット
  • ご予算に合ったアカウント配置をアドバイスします。
  • どこのサイトよりもレスポンス早く、きめ細かく、登録後も1人ひとり丁寧にサポートします。
  • 登録後もサポートします。Q&A等直接OKです。
  • 暗号通貨、マイニングの最新情報をグループLINE等でシェアします。
  • 最新ICO情報、BitClubセミナー情報等をシェアします。