今、ビットコインで稼ぐ案件として大盛り上がりをみせているD9Club

日利1%の投資案件で配当がデカすぎるためネット上では『今から投資するのは危険』といわれていますが、私は今後まだまだD9Clubは盛り上がるだろうと思っています。

(私は約3ヶ月半の運用で元本を回収することができました。)

配当を受け取れる期間は、52週間のため今後も配当を利益として得ることができるスキームがD9クラブです。

このような高収益型の案件がどんどん沸いてきては飛んでいるので怪しく感じる人も多いと思いますが、知っている情報をありのままに書いていくので、D9Clubについて知らない方や投資しようか迷っている方は、是非生の声を聞いて判断してみてください。

D9クラブって何?

そもそもD9Clubってどんな会社で何をしているの?というところが肝心ですよね。

D9Clubは2003年にブラジルにて設立された会社で主な事業内容として

  • ブックメーカー投資
  • ビットコイン取引所 Boxbaseの運営
  • コンピュータのセキュリティーソフト販売
  • ゼネコン事業(土木・建築の総合受託)
  • 輸入自動車の販売

を行っており、今話題の配当が得れる案件としてはブックメーカー投資の事業で、実際に登記簿謄本もある会社です。

※会社謄本番号:05.846.954/0001-33

『ブックメーカー』って何?

ブックメーカーとは『何でも賭け事にしてしまう会社』のことです。

日本の賭け事と言えば、競馬、競艇、競輪、オートレースくらいしかありませんが、海外ではサッカーの試合や大統領選の結果までなんでも賭けにしてしまいます。

面白いのが、海外ではこういった『賭け』が投資商品になっていて、個人、法人問わずに多くの人が参加しています。

D9Clubもブックメーカーに投資(賭け)ており、大手ブックメーカーのベットフェアに法人登録をして投資しています。

サッカーの勝率の高い堅い試合にのみ賭けて配当を得ています。

D9Clubの配当はどれくらい?

D9Clubの配当1%どのぐらいなの?投資したらいくら儲かるの?と気になると思いますが、先ずD9クラブは投資案件なので配当を受け取るには投資金が必要になってきます。

その投資額についてはコース別となっており、このようなコースがあります。

  • ブロンズ:39,000円
  • シルバー:71,500円
  • ゴールド:136,500円
  • ゴールドプラス:266,000円

※為替レートにより変動

そして、コース別にどう配当が変わるのかというと

  • ブロンズ:12.75$/週
  • シルバー:27.75$/週
  • ゴールド:51$/週
  • ゴールド+:170$/週

を毎週52週間に渡って受け取る事が出来ます。

配当のシミュレーション

そこで各コースのシュミレーションを1ドル=115円計算で行ってみました。

ブロンズトレーダー

【配当分】

12.75ドル×52週=663ドル(76,245円)

【経費】
投資金:39,000円

塾会費:50$×12ヶ月=600$(69,000円)

76,245円-(39,000円+69,000円)=31,755円

シルバートレーダー

【配当分】

27.75ドル×52週=1,443ドル(165,945円)

【経費】

投資金 71,500円

塾会費 50$×12ヶ月=600$(69,000円)

165,945円 -(71,500円+69,000円)=25,445円

ゴールドトレーダー

【配当分】

51$×52週=2,652ドル(304,980円)

【経費】

投資金 136,500円

授業料 50$×12ヶ月=600ドル(69,000円)

304,980円 - (136,500円+69,000円)= 99,480円

ゴールド+(プラス)トレーダー

【配当分】

170ドル×52週=8,840ドル(1,016,600円)

【経費】

投資金 266,000円

塾会費 50$×12ヶ月=600$(69,000円)

1,016,600円 -(266,000円+69,000円)=681,600円

これらのボーナスが、人に紹介しなくても受け取ることができる配当でストレスなく始められることから人気があるのでしょう。

ゴールドかゴールド+じゃないと『旨み』が無い

しかし、シミュレーションを見てもらえるとわかると思いますが、D9クラブの配当で稼ぐとしたら最低ゴールドかゴールド+しか正直『旨み』がありません。

ブロンズでいえば毎月塾会費50$払うことになりますから-ですしね。

ゴールド+は、配当だけでもおよそ4ヶ月ほどで元本を回収でき、経費を差っ引いても681,600円稼げることになります。

投資案件ですので素早く元本は回収したいですし、私はこれらのことからゴールド+を選びました。

これを1口のみならず2口、3口と入れたらとんでもなく稼げることが想像できますね。

なぜD9Clubは危険と言われるのか?

D9Clubはブラジルで13年間続いている会社です。

しかも登記簿謄本もあるわけなので『ちゃんと運用しているんじゃ?』と思うのですが、その反面、D9Clubが危険と言われているポイントをいくつか挙げて解説していきます。

なぜMLMの体制なの?

ひっかかる部分が何故MLM(ネットワークマーケティング)になっているのかというところです。

D9社は以前、不特定多数から資金を調達しベットフェアに賭けていたのですが、ブラジルの法規制により”不特定多数”から資金を調達し賭けることが出来なくなってしまったんですね。

そこで”特定多数”であれば法規制はされず運営が出来るということから、資金を調達するために塾(オンラインスクール)の販売という形式を取ったことでクリアになったようです。

塾の内容はブックメーカーの賭け予想の配信やブックメーカーを学べるものですが、会員としては塾に入って内容を学ばなくても紹介無しで配当を受け取れるのもまた魅力ですね。

で会社側としては塾生の募集を効率よく会員と資金を調達したいのでMLMを採用しているのでしょう。

なので危険というところは、ブラジルの法規制が特定多数でも厳しくなったら・・・というところですね。

そのような話しは今のところないので少なからずのリスクと捉えています。

海外の投資商品がなぜ日本で流行っているのか?

海外の投資案件が日本で話題を呼んでいるわけですが、そもそも何故日本で盛り上がっているのか気になると思います。

掴んだ情報としては、D9クラブのCEOであるデニーロと遠い血縁関係にあたると言われているカルロスというブラジルと日本のハーフの方が日本へもってきて日本のトップネットワーカーへとバトンが渡されて広がったようです。

そして紹介しなくても投資するだけで毎週170$(2万ほど)の配当が受け取れるという案件は、今まで一般的には聞かなかったことからチャンスと思った方達が副収入として1口~3口、事業として10口以上と投資をしているようにみえますね。

仮想通貨案件が出回ってからポンジスキームと疑われる数週間、数ヶ月で運営が飛ぶ案件が増えてきた中でもD9クラブは、サーバーやセキリティ強化と健全に運営が行われているので安心できるように感じます。

実際に投資してみた結果

そのようなD9Clubに、私は2016年12月26日に登録し、『ゴールドトレーダー+(プラス)』を1口購入しました。

そして、現在4月を迎えたのでおよそ3ヶ月ですが、問題なく毎週170$配当を受け取り、引き出しも行えています

こちらは3月6日に引き出した分1700$ですが、このようにしっかりと自身が登録した受信アドレスにはいってきています。

今後D9Clubはどうなる??

現在、100ヶ国で会員数は75万人にのぼっているD9クラブですが、以前ブラジルで行われたコンベンションに続き

  • 4月16日に東京
  • 11月に沖縄

と日本でもコンベンションが開催されるようです。

東京のコンベンション案内は1200人の枠があったのですが、ほぼタイトル獲得者で埋まりVIP席より一般席の方が入手困難でした。笑

このように1200人のキャパがタイトル獲得者で埋まるので相当な会員数にのぼるのでしょう。

そして11月の沖縄のキャパは4000人なので東京より枠はありますが、この流れでいったらまたもや即埋まる可能性もあるかもしれませんね。

恐るべしD9Clubです。

新たなプラットフォームがスタートする!?

出典元:https://www.facebook.com/GrupoElited9Brasil/?fref=nf

更に新たなプラットフォームBetCoinClubというサービスが始まる情報も入っています。

まだ詳細な情報は公開されていませんが、D9クラブで培ったノウハウを元に実際にブックメーカーで賭けを行えるという情報を得ています。

サービス開始は4、5月あたりを予定しているみたいですね。

このように危険と言われているD9クラブですが、コンベンションやサービスがD9クラブを更に盛り上げるようなことになれば、見る目が変わる人も出てきて今後更にヒートアップする可能性もありえますね。

D9Clubで運用を始めるには?

D9Clubで運用を始めるには紹介者が必要です。

当ブログからも紹介可能ですので、下記LINE@からお問合せください。