BITCOINが2017年1月5日に過去最高値を記録してからかなり乱高下していますね~私は昔FXでトチッたことがあるので、相場で勝負することにちょっとトラウマ抱えています。

でも、相場の乱高下とは関係なく継続的に利益を上げられるのがマイニングです。

ビットコインは、ブロックチェーンを使った台帳を更新する際に膨大な計算が必要になるわけですが、管理団体や管理者がいないので、その計算を公募します。その計算が一番早かった人の台帳を採用し、見返りとしてビットコインが支払われます。この一連の流れをマイニングと言います。

マイニングはビットコインの売買とは違い、報酬そのものがビットコインなので相場に左右されません。

当然、そんな膨大な計算を個人レベルですることは不可能なので、実際は世界中でスパコン(マイニングプール)を走らせて計算競争を挑んでいる人たちがいます。そして、その中には出資を募ってスパコンを増強し、マイニング報酬を配当してくれるマイニング投資業者が何社かあるんですね。

当然、詐欺みたいな業者があったり、見るからに怪しげなものがあったりするので、マイニング投資も見極めが必要です。

Bitcoinマイニングシェアに名前の無いプールは『詐欺』?

ビットコインはブロックチェーンによって管理されているので、取引の透明性が非常に高く、『誰が、誰に、いくら使った』という履歴が全て残っています。

マイニングに関する履歴も同じで、どのマイニングプール(マイニングチーム)がどれだけマイニングしたのかも毎日公開されています。

マイニングのシェア統計(BLOCKCHAIN)

2017年7月現在、統計に出てくるマイニングチームは19~20チームしかありません。

なので、誰かにマイニング投資を勧められた時に『どのマイニングプールですか?』と聞いて、統計に名前が出てこなかった時点で詐欺と思って間違いないでしょう。

クラウドマイニングは要注意?

一般投資家から資金を集めてマイニングを行う投資のひとつに『クラウドマイニング』があります。

Genesis Mining、HashFlarなどが有名ですが、先ほどのマイニングシェア統計には…名前が出てきません(^-^;

なので本当にマイニングしているか、していないかの追跡が非常に困難なのが残念な点です。

マイニング報酬はどれくらい入るのか?

2017年7月現在、マイナーが1回のマイニングに成功すると12.5BTCの報酬が貰えることになっています。

さきほども『ビットコインはマイニングプールのシェア率を公表している』と書きましたが、シャア率と共に何回計算をしたかも公開されています。

こんなふうに。

たとえば、マイニング回数トップのF2Poolだと24時間で29回の計算に成功しているので、12.5BTC×29回=362.5BTCを獲得したことになります。

現在のビットコインレート1BTC=300,000円を掛けると1億845万円になります。

1日で1億845万円ですよ??

ちなみに、1年365日では合計397億円になりますから、途方も無い金額が動いていることになります。

また、例え下位のチームだったとしても1日に1回でも計算を取れれば12.5BTC×300,000円=約375万円の報酬、1年換算なら13.7億です。

もはや『マイニングは事業』として確立されており、世界中でマイニング競争が起こるのも理解できますよね(^-^;

『値上がり益』が期待できる

ビットコインに投資するうえで『値上がり益』は最大の醍醐味と言えるでしょう。

この記事を最初に書いたのは2017年1月。

当時は1BTC=11万円でしたが、現在1BTC=30万円です。半年で倍以上です(^-^;

マイニング投資は日々の配当は小さいものかもしれませんが、そのビットコインが値上がりしていけば配当にレバレッジを利かせた状態になります。

『思っていたよりも早く利確で来た!』

という嬉しい展開になる可能性もあります。

で、どのマイニングプールに投資したら良いのか?

統計に出てくるマイニングプールを検索してみてください。

各プールはたいていウェブサイトを構えていて、投資窓口を設けています。

『え?じゃあ上位のマイニングプールと契約すれば良いじゃん!』

と思いますが、そんな簡単にいきません。

上位は中国勢で占められています

2017年7月現在のマイニングシェアの円グラフです。

上位陣の

  • AntPool
  • BTC.TOP
  • BTC.com
  • Bixin
  • BTCC Pool
  • F2Pool
  • ViaBTC

これらは全て中国資本のマイニングファームです。

気にならない人なら良いのですが、中国系のマイナーはSegwit導入に難色を示していたり、スケーラビリティ問題の合意が取れなかったり、なんだか利己的な印象が強いですよね。

『儲かるなら何でもする』

といったイメージを持つ人も少なくないのではないでしょうか?

サポート面が心配

中国系のマイナーに投資する場合、サポート面も心配です。

サイトは当然に中国語・英語表示オンリーですから、何かトラブルやサポートが必要になった時に辛いものがあります。

マイニング投資ならBitClubNetworkがお勧め

 

BitClubNetworkへの出資額が一番多いのは日本人です。

2016年までは韓国が1位でしたが、日本人投資家の勢いは凄まじく今では世界一の出資国になっています。

日本人投資家の増加を受けてBitClubNetworkは『Bitclubsakura(桜)』という新たなマイニング・プールを増設しました(笑)

粋な計らいですが、BitClubNetworkにとって日本人は上客中の上客です。

中国勢を除けば世界最大のマイニングプールです

ビットコインのハードフォーク問題でお騒がせの中国資本のマイニングプールを除けば、BitClubNetworkは世界最大のマイニングプールです。

現在4~5%のシェアをとっていますが、これが少ないのか多いのか。

それでも1日8~10回のマイニングに成功していますから…1日100BTC~125BTCの採掘に成功しています。

スゴイ額ですよね(^-^;

日本語や英語で対応可能

BitClubNetworkは日本語表記に対応しています。

残念ながらカスタマーサポートは英語ですが、BitClubNetworkの投資家コミュニティーが盛んなので、コミュニティ内で日本語でサポートを受けることが可能です。

日本語が通じるってスゴイ利点だと思います。

(当ブログから登録された方は招待いたします。)

運営実績が長い

ビットクラブは2014年から運営されています。

熾烈なマイニング競争の中で、安定してマイニングシェアを確保しています。

そして、今までのBitClubNetworkの歴史の中で配当がストップしたことはたったの1度もありません

情報の公開性が高い

これも超重要です。

『良く分かんないけど儲かってる』ではなくてBitClubNetoworkではありとあらゆる情報が公開されています。

  • 今後の設備投資計画について
  • 現状のマイニングプールの性能
  • 獲得したブロック

はもちろんのこと、AntPoolやBitFuryとの提携についても会員用ページに記載されており、その通り履行されています。

マイニングに限らずビットコイン投資でこれほど情報公開されている案件ってありますか?

計画的な設備投資

上がっていくマイニング難易度

ビットコインのマイニングはチップ性能合戦です。

マイニングの難易度はどんどん上がっていくので、計画的な設備投資が実現できなければすぐに競争から淘汰されてしまいます。

BitClubNetworkは配当の一部を強制複利(再投資)に回す仕組みになっているので、継続的な設備投資が計画的に行われています。

2017年7月には130PH⇒300PH(2倍!)に増設済み。今後毎月50PH以上を増設して年内に500PHを実現する計画です。

アルトコインのマイニングも可能です

BitClubNetworkは2017年5月よりアルトコインのマイニングシェアも販売しています。

現在のところ

  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサクラシック)
  • Monero(モネロ)
  • Zcash(ジーキャッシュ)
  • DASH(ダッシュ)

のマイニングが可能です。

これらはGPUというチップでマイニングされるので、非常に寿命が長いのが特徴です。

BitClubNetworkについては他の記事でも紹介していますので、是非ご覧ください。

もうちょっと知りたいBitClub

BitClubNetworkに参加するには?

BitClubNetworkの公式サイトはこちらです。

ご自身で登録される場合は、登録手順を参考に。

LINE@でサポートしています

当ブログより登録を検討&登録された方はLINE@でサポートしております。

サポート料金は頂いておりません。

登録希望の方はサポート専用LINE@およびEメールフォームから受け付けております。

(LINE@の方がタイムリーにサポートできます。)

希望登録ID(英数字)

登録用メールアドレス(Gmail推奨)

ご予算

を最初にメッセージしていただければスムースに登録が進みます。

仮/本登録申請・登録者サポートLINE@『本気で考えるサラリーマンの副収入倶楽部』

もうちょっと知りたいBitClub

【随時更新】実際のBTCマイニング収益推移($3500プラン)

誇大広告をするばかりの悪質なセミナーやウェブサイトが多いですが、投資の世界に絶対はありませんので、その証明のため実際のマイニング報酬推移を公開しています。

紹介報酬抜きの純粋なマイニング配当です!

運用開始日:2017年1月10日

最終更新日:2017年9月2日

経過日:235日

日利(通算):0.599%

日利(直近):0.832%

これまでの運用実績(月利・紹介無し)

2017年1月⇒月利3.64%

2017年2月⇒月利6.51%

2017年3月⇒月利5.52%

2017年4月⇒月利5.39%

2017年5月⇒月利9.48%

2017年6月⇒月利11.1%

2017年7月⇒月利9.0%

2017年8月⇒月利18.5% New!!

2017年9月⇒月利??

BitClubはROI(投資利益率)を保証していませんので、良い時もあれば、悪い時もあります。

が、現在のところ着実に伸びていってます。

マイニング配当の時価総額

時価総額:1.30606BTC=4927.88USD(投資額の140.80%回収)

ついに9月1日に1BTC=50万円を突破しました。

年内1BTC=100万円もいよいよ射程圏内になってきたのではないでしょうか?

このままドーンと突き抜けてほしいものですね。

317PHの設備投資が実施されました!

2017年7月19日のBitClubハッシュレート

ついに!7月19日にハッシュパワーの大幅UPが行われました!

アベレージ200PH/sだったのが300PH/sを安定的に出せるようになっていくと思われます。

2017年9月2日のBitClubハッシュレート

実際に9月2日現在は320PH/sを安定的に出しています。

BitClubは9月から毎月50~75PHの設備投資を計画していると発表がありました。

2017年8月23日のマイニング鉱山プール統計

観測するタイミングにもよりますが、鉱山プール統計で上位に食い込むことも多くなってきました。

1日あたりの配当($3500)

1日あたりの配当:0.0055577BTC=10.906USD(再購入100%)

7月19日と8月26日に大幅な設備投資がありBTC配当がアップしています。

USD換算で過去最高水準の配当が行われています。

$500プールで再投資50%(最低)だとどれくらい?

  • 再投資率50%(設定最低値)
  • 最小口の$500

だった場合、どれくらいのBTC配当があるかを公開します。

記録スタート:2017年6月18日

1日あたりの配当(平均):0.0002373BTC=0.763070USD≒84.09円/日

$500プールは最小口なので、予算に対して掛け算すればリターンが単純計算できます。

(*$3500プールの例のように再投資100%で数カ月プール増強に注力した方が後のリターンが大きくなります。

世界有数のマイニングファームによる事業でありHYIPではありません。

こちらの記事も参考にどうぞ。

ビットコインが普及する前に参入するのがベスト

知っている人は知ってますが、まだまだビットコインの認知度は低いです。

ビットコインが一般に普及する前に、ビットコインで資産・権利収入を築いておきましょう。

ビットコインが一般に普及していない段階でマイニング事業に参入できる大きなチャンスです。

当ブログから登録されるメリット
  • ご予算に合ったアカウント配置をアドバイスします。
  • どこのサイトよりもレスポンス早く、きめ細かく、登録後も1人ひとり丁寧にサポートします。
  • 登録後もサポートします。Q&A等直接OKです。
  • 暗号通貨、マイニングの最新情報をグループLINE等でシェアします。
  • 最新ICO情報、BitClubセミナー情報等をシェアします。