ビットコインが2017年11月に過去最高値の85万円を記録して大変なことになっていますね。

トレードで一発当てたいところですが、乱高下が酷くてリスクも高く、取っ付きにくい方も多いのではないでしょうか?

そんな相場の乱高下とは関係なくコツコツと継続的に利益を上げられるのが

マイニング投資です。

ビットコインなどをはじめとする暗号通貨の多くは、取り引きを台帳(ブロックチェーン)に記録するために膨大な計算(ハッシュ計算)が必要です。

非中央集権型の暗号通貨は管理母体が存在しないため、計算を公募して一番最初に答えを導いた人(コンピュータ)に見返りとして新規発行のビットコインを支払う仕組みになっています。

マイニング投資は投資家がマイニングを行う企業にお金を投資し、暗号通貨でリターンを得る新しいジャンルの投資です。

マイニングの投資の特徴は?

マイニングはビットコイン対円のようなトレードと違い、報酬そのものをビットコインなどの暗号通貨で受け取るので相場に左右されにくい特徴があります。

分かりやすい例を挙げるならば

$1000を投資して0.001BTC貰えるマイニング契約なら、ビットコインの価格が10万円だろうが80万円だろうが0.001BTC貰えます。

円で考えた資産は上下しますが、ビットコインの枚数で考えたら配当が安定していると考えることができます。

マイニングの市場規模は巨大です

2017年7月現在、ビットコインは約10分に1回のペースで12.5BTCずつ発行されています。

ということは

1日に144回のマイニングが行われていることになります。

これに1BTC=75万円(2017年11月11日現在)を掛けると

144×12.5BTC×75万円=13億5000万円/日

もの価値が毎日マイニングで生み出されていることになります。

この莫大な利益の奪い合いがマイニングです。

放置で良いので楽です

マイニングは計算競争なのでコンピュータの性能が命です。

かつては自宅PCでもマイニングできましたが、ビットコインが認知されて価格が高騰していくにつれてマイニングに参入する人が多くなってきました。

その結果、個人レベルのマイニングは不可能で、企業が『スパコン』レベルのコンピュータを用意しなければマイニングに勝てなくなってしまいました。

そこで企業が出資を募り巨大なマイニング工場を運営し、投資家に配当をする

クラウドマイニング

のスタイルが一般的になってきました。

投資家はコンピュータのメンテナンスや電気代などの管理リスクを考える必要がなく、

契約した後は放置で良い

のでとっても楽です^^

定期的に勝手に着金します

クラウドマイニングのタイプによって、ウォレットに直接着金するものと、サービス内ウォレットに一旦貯めてから出金するものがあります。

トレードのようにチャートと睨めっこしたり、暇を見つけて作業をする必要が無いので、

サラリーマンの副収入としてはハードルが低いと思います。

『値上がり益』も期待できる

暗号通貨に投資するうえで『値上がり益』は最大の醍醐味と言えるでしょう。

この記事を最初に書いたのは2017年1月。

当時は1BTC=11万円でしたが、現在1BTC=75万円です。驚愕の高騰です(^-^;

マイニング投資は日々の配当は小さいものかもしれませんが、そのビットコインが値上がりしていけば配当にレバレッジを利かせた状態と言えるでしょう。

『思っていたよりも早く利確で来た!』

という嬉しい展開になる可能性もあります。

トレードで成功するほど爆発力のはありません

値上がり益も享受できるとはいえ、トレードで成功するよりは『地味』な投資です。

あまりリスクをとらず、コツコツ積み上げて行きたい方

に向いていると言えます。

どうやって投資したらいいのか?

ビットコインなどの暗号通貨投資を始めるなら、取引所の口座開設が必須です。

トレードやマイニングに投資するにしろ出た利益を円転させる時も口座が必要になるためです。

CoincCheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

初心者の方には暗号通貨の不正出金を最大100万円まで対応してくれるCoinCheckがお勧めです。

取引銘柄も国内では多く、スマホアプリもあるので送受信や資産管理が分かりやすいです。

BitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一のBitFlyerです。

私はBTC/JPY FXでオートトレードしています。

どのマイニング企業に投資したら良いのか?

マイニングに参加している企業は

  • マイニングファーム
  • マイニングプール

の二つに分類することができます。

ちょっとややこしいですが、全然別物ですのでマイニングファームとマイニングプールの違いを少し説明しておきます。

マイニングファームは?

アイスランドのマイニングファーム

マイニングファームは会社で例えるなら実際に生産を行っているラインに当たります。

生産工場一個単位で考えれば分かりやすいかもしれません。

実際にマイニング専用の施設を物理的に経営していてハッシュ計算を行っています。

世界各地の電気代の安い地域(アイスランドとか)に多くのマイニング工場が建設されています。

マイニングプールとは?

いろいろなマイニングプールがあります

マイニングプールは会社で例えるなら『看板』に当たります。

マインングファームのハッシュ(計算能力)を持ち寄っている、いわばマイニングファームのネットワーク(集合体)と言えます。

現在のところ17~20のマイニングプールがあり、マイニング成功のシェア率がブロックチェーンで公開されています。

マイニングファームがマイニングプールにハッシュを提供している

イメージで表すと上図のようか感じです。

世界各国のマイニングファームがマイニングプールに接続しハッシュ(計算力)を提供している構図です。

ひとつひとつのマイニングファームのハッシュは小さくても、集合するととんでもない計算力になります。

単純な比較はできないのですが、例えば日本のスーパコンピュータ『京』は1秒間に10京回の計算を行いますが、AntPoolの全体の計算力は1800京回のハッシュ計算を行います。

世界で最もコンピュータの計算能力を使っているのは、他でもないビットコインのマイニングに充てられているんですね。

どちらも小口投資家を募っています

マイニングファームとマイニングプールの違いを説明してきましたが、形態は違えどどちらも小口投資家を募っています。

また、各マイニング企業で特色がありますので自分のスタイルに合ったものを選べば良いでしょう。

マイニングプール

本来マイニングプールに参加するには実際にマイニングマシンを購入した上で参加する必要がありますが、中には自前のマイニングファームを所有してサービスを提供している企業もあります。

BitClubNetwork

ブロックチェーンにもしっかり出てくるマイニングプールで、2018年に大幅に増強されるので個人的にも期待しています。

投資金額に対して割り当てられるハッシュパワーの明記はなく、『share』という数値でアカウントの能力が表されています。

契約期間は1000日ですが、配当から再投資に回す比率を0~100%で自由に設定することが可能です。

個人投資でも魅力的なほか、日本人コミュニティが盛んで情報が多いことも特徴です。

またビジネスとして取り組むマーケッターも多いです。

マイニングファーム

マイニングファームはブロックチェーンに名前が出てこないため、本当にマイニング施設を所有しているのか・詐欺では無いかを吟味する必要があります。

少し前まではクラウドマイニングを謳った詐欺が横行していたくらいですが、ようやくマトモなものが残った感じです。

以下は私が投資しているクラウドマイニング。

  • Genesis Mining
  • Omnia

マイニングファームを所有しておりマイニングプールにハッシュを提供しています。

ペイアウト頻度を上げる為に1つのプールではなく、いくつかのプールに分散してハッシュを提供しています。

特にシェアが高いプールに参加するとマイニング報酬が一括ではなく分割になるため、1社にハッシュを充てるよりもペイアウト頻度が高くなります。

Genesis Mining

Genesis Miningはクラウドマイニングの老舗で、膨大なハッシュをマイニングプールに提供しています。

投資金額に対して購入できるハッシュレート(計算力)が決まっており、購入したハッシュで掘れなくなったら終了となります。

再投資したい場合は再度ハッシュを手動で購入する必要があります。

至ってシンプルな契約形態と言えます。

直接購入できるハッシュパワーは

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • DASH(ダッシュ)
  • Monero(モネロ)

の4種類ですが、払い出しは様々なコインを指定することができます。

現在ビットコインのハッシュは売り切れています

支払はビットコインだけでなくクレジットカードも可能です。

【関連記事】Genesis Miningの運用実績と登録方法!ビットコインをGetしよう!

OMNIA TECH

自前でもマイニングファームを所有していますが、Genesis Miningからもハッシュ提供を受けている比較的新しいクラウドマイニングです。

こちらも投資金額に対して購入できるハッシュレート(計算力)が決まってすが、50%が払い出し、50%が再投資に回ります。

強制再投資に回る分だけGenesisよりも配当が続きますし、購入したハッシュで目当てのコインが掘れなくなったら別のコインに切り替えてくれます。

また、Genesisよりも紹介関係のコミッションが充実しているユニークな仕組みになっています。

支払はビットコインのほか、クレジットカードでも可能です。

【関連記事】Omnia TECHについて!ユニークなクラウドマイニングがスタート!

上記のマイニング投資について質問がある方は、お気軽にお問い合わせください^^