2017年は仮想通貨元年ということでビットコインが盛り上がっているので、この機会にビットコイン投資を始めてみようと思う人も多いのではないかと思います。

ただ、ビットコイン投資と言っても様々な種類があるので、どんなリスクがあるのか、そしてどれほどのリターンを貰えるのかしっかりと理解し、『余剰金』で始めるのが火傷をしない重要なポイントだと思います。

この記事では、私がやってみたビットコイン投資(投機?)の種類とリスク・リターンについて紹介してみます。

これから始めてみようと思う方に参考になれば幸いです。

①相場で儲ける

一番単純な方法です。

安い時にビットコインを買って、高い時にビットコインを売ります。

ビットフライヤーcoinchekなどのビットコイン取引所に取引用の口座を開設することで、誰でも簡単にビットコインの売買ができるようになります。

メリット

①仕組みが単純

『安く買って高く売る』という非常に単純な仕組みなので、誰にでも分かりやすい、イメージしやすいのがメリットです。

各取引所でスマホ用のアプリも出てるので手軽に始められるのも魅力のひとつかと。

②取引所が潰れるリスクが少ない

ビットコインについては、かつて取引所のマウントゴックスが破綻したことでマイナスイメージを抱く人が多いと思いますが、その真相はマウントゴックスが故意に利用者のウォレットを不正利用したことでした。

現在はそう言ったマネーロンダリングや不正資金の流用を防ぐために、金融庁はビットコイン取引所を登録制にすることを決めました。

また、日本で操業している最大の取引所であるビットフライヤーは、三菱UFJやGMO、SBIといった名だたる大企業が株主になっていることも有名です。

かつてのマウントゴックスのように、怪しい取引所にウォレットごと騙し取られるといったリスクは極めて低いです。

③レバレッジ取引ができる

ビットコインの取引もFXと同じようにレバレッジ(てこ)を掛けることで少額でも大きな額の取引をすることが可能です。

1BTCの1日の値動きは数千円ですが、レバレッジを掛けることで見た目の値動き以上の利益を得ることもできます。

④少額で始められる

ビットコイン取引所では0.1BTC、0.01BTC単位で売買が出来るので、数千円~数万円の少額でも取引を始めることができます。

デメリット

①継続的な利益を上げにくい

『安い時に買って、高い時に売る』わけなので、1回売ってしまうとそれまで。継続的に稼ごうとする場合は、またどこかの時点で買う必要があります。

2017年1月に中国がビットコインのレバレッジ取引を禁止したのでビットコイン相場は乱高下しにくくなったので、『持っていれば儲かった』という状況ではなくなりました。

②相場を読む目が必要

ビットコインに限らず、FXでも株でも相場の波に乗ろうとするときは、運だけでは勝てません。

買った時よりも必ず高くなるとも限らないので、買った時より安くなった時の『含み損』と冷静に向き合える精神力と判断力が必要です。

③少額ではあまり旨みが無い

少額で始められるメリットの裏返しです。

現在1BTC=105000円なので、数千円を稼ぐのにもそれなりの元手が必要です。

その打開策としてレバレッジを利かせるわけですが…

ビットコイン取引所=ビットコイン投資の入り口

ビットコイン投資を始める時は、兎にも角にもまずビットコインを入手しなければいけません。

現在のところ、ほぼ全てのビットコイン投資の案件は、デポジット(入金)をビットコインで行わなければならないのが普通だからです。

『取引所でビットコインを購入する』という行為は、全てのビットコイン取引の入り口とも言っても過言ではないです。

HYIP(ハイプ)系

『High Yield Inbestment Program』の案件で、日本語では高収益投資プログラムと呼ばれています。

案件にビットコインでデポジット(入金)すると、元本に対して日利1%や凄いものでは日利10%の利息が付きます。

信じられないようですが、実際にたくさんのHYIPが主に海外で運用されていて、その後日本で拡散されるのが現在の主流な動きです。

数千円で始められる手頃なものから数万円のデポジットが必要なものまで価格帯は様々です。

メリット

①配当がスゴイ

その名の通り、1日で数%の利息が付くので、例えば日利1%なら単純計算で3ヶ月経てばで元本が倍になる計算です。

銀行預金では考えられない高利息です。

②放ったらかしでいい

HYIPは、入金先が運用を代わりにやってくれるので、デポジットした後は基本何もしなくてもOKです。

毎日配当があって、毎日引き出せる案件もあります。

③マルチ構造で利率が上がる

日本では『マルチ』と聞くと胡散臭いですが、海外ではマルチは一般的な集客モデルです。

HYIPの集客は主に『紹介』によって行われるので、自分が紹介した人(ダウン)が増えていけば自分の利率が上がっていったり、紹介ボーナスが入る案件が多いです。

人脈があったり、拡散力がある人にとってHYIPは凄まじい利益を生む可能性が高いです。

デメリット

①詐欺が多い

まずこれ。

出資を募るだけ募って、資金が集まった瞬間に飛んでしまう案件が少なくありません。

というか、ほとんどがそう言った案件が殆どなので『飛ぶかもしれない』『マネーゲーム』という覚悟で手を出す必要があります。

②日本語対応が少ない

海外で流行ってから日本に拡散されることが多いことから、HYIPのサイトやアプリは外国語表記がほとんどです。

サポートや問い合わせをしようとしても英語が出来ないと単純なHOW TOも分からないことが多いです。

ほんと、飛んでしまう前に入金と出金ができればそれでいい。まさにマネーゲームです。

③早い者勝ち

『飛ぶ前に勝ち逃げする』『いかにダウンを増やすか』がHYIPで勝ち抜くポイントです。

  • いかに案件が流行りだす前に登録するか
  • いかに有力者の情報を仕入れてダウンに付くか
  • いかに飛びやすいor飛びにくいHYIPを見抜くか

など、常にアンテナを張っていないと騙されてしまうリスクが高いです。

個人的には投資というよりチキンレースに近いような印象です。

投資しているHYIP

実際に私が投資しているHYIP案件です。

投資しているマイニング(本命です!)

ビットコインをまだお持ちでない方は取引量世界一のビットフライヤーから購入できます。

マイニング投資

マイニングは『ビットコインを自分たちで発行する』という投資です。

何のことかさっぱり分からないかもしれませんが、実際の通貨で例えるならば『金を集めて印刷機を買ってお札を刷る』みたいな感じです。

で、出資額が多いほど、刷ったお札が貰える比率が増えるといった感じでしょうか。

マイニングについて知りたい方はマイニングの意味は?どんな仕組み?を参照してください。

メリット

①相場に左右されない

マイニングはビットコインそのものを自分たちで発行するので、『1BTCが今いくらなのか?』と相場を気にする必要がありません。

相場の乱高下に一喜一憂する必要がないので精神的にも気楽な投資です。

②放ったらかしでいい

マイニング・プール(印刷機のような物)は24時間マイニングを行っているので、投資したあとは放ったらかしでOKです。

HYIPほどではありませんが、月利4~5%の配当を得られています。

③詐欺かどうかすぐわかる

ビットコインを支えるブロックチェーンのオフィシャルサイトでは、全取引やマイニング結果が全て好評されています。

なので、どのマイニング・プールがどれだけのビットコインを発行したかも全て鉱山プール統計にリアルタイムで表示されています。

なので、『ビットコインのマイニング投資』と謳っていながら統計にマイニング・プールの名前が無ければ詐欺と断言してOKです。

逆に言えば、鉱山プール統計にちゃんと名前が載っているマイニング・プールへの投資は、ビットコインの価格が暴落しない限りは『手堅い案件』と言えそうです。

デメリット

①デポジット(入金)がやや高額

私も投資しているBitClub Networkは投資の最少額が約7万円からとちょっと金銭的なハードルが高いです。

単純な売買やHYIPは数千円からでも始められるので、それらと比べると『手軽に』とは言えないかもしれません。

②長期的な投資になる

マイニング投資はHYIPのような日利〇%というような高利率案件ではありませんし、直接売買するほどの即金性がある投資でもありません。

投資分をペイして不労所得化するには2~3年の長期的な目で、どっしりと腰を据えて付き合っていく必要があります。

③破綻するかもしれない

いくら『手堅い』と言われているマイニング投資であっても、ビットコインの価格が暴落したり、運営会社そのものが破綻したら終わりです。

ビットコイン投資に限らず、世の中には『絶対に儲かる』と言い切れる投資話はありませんので、その辺をしっかりと理解しておきましょう。

BitClubNetworkに参加するには?

BitClubNetworkの公式サイトはこちらです。

ご自身で登録される場合は、登録手順を参考に。

50万円以上の投資をご検討の方、操作に不安のあるかたは無料の登録サポートにご相談ください。

無料登録サポート

また、仮登録・登録のサポートも行っております。

サポート料金は頂いておりません。お金を預かることもありません。

希望の方はサポート専用LINE@およびEメールフォームから受け付けております。

(LINE@の方がタイムリーにサポートできます。)

希望登録ID(英数字)

登録用メールアドレス(Gmail推奨)

ご予算

を最初にメッセージしていただければスムースに登録が進みます。

仮/本登録申請・登録者サポートLINE@『本気で考えるサラリーマンの副収入倶楽部』

下記フォームからも申し込み可能です


(10万円以下)(15万円)(20万円)ファウンダープラン(40万円以下)ビジネスプラン(約100万円)ビルダープラン(200万円)プロビルダープラン(約600万円)GPUマイニング×1口(約12万円)GPUファウンダー(約56万円)


もうちょっと知りたいBitClub

【随時更新】実際のBTCマイニング収益推移($3500プラン)

誇大広告をするばかりの悪質なセミナーやウェブサイトが多いですが、投資の世界に絶対はありませんので、その証明のため実際のマイニング報酬推移を公開しています。

紹介報酬抜きの純粋なマイニング配当です!

運用開始日:2017年1月10日

最終更新日:2017年8月15日

経過日:217日

日利(通算):0.563%

日利(直近):0.649%

これまでの運用実績(月利・紹介無し)

2017年1月⇒月利3.64%

2017年2月⇒月利6.51%

2017年3月⇒月利5.52%

2017年4月⇒月利5.39%

2017年5月⇒月利9.48%

2017年6月⇒月利11.1%

2017年7月⇒月利9.0%

BitClubはROI(投資利益率)を保証していませんので、良い時もあれば、悪い時もあります。

が、現在のところ着実に伸びていってます。

マイニング配当の時価総額

時価総額:1.20828BTC=4276.62USD(投資額の122.19%回収)

8月15日にBTC=50万円を突破するかと言う勢いでした。一気に来ましたね。年内1BTC=100万円もいよいよ射程圏内になってきたのではないでしょうか?

このままドーンと突き抜けてほしいものですね。

317PHの設備投資が実施されました!

ついに!7月19日にハッシュパワーの大幅UPが行われました!

アベレージ200PH/sだったのが300PH/sを安定的に出せるようになっていくと思われます。

実際に常時170PH以上が出ていて、瞬間的に200~250PH出ている時もあります。

配当アップに反映されると予想しています。

なんとなんと、BitClubは9月から毎月50~75PHの設備投資を計画していると発表がありました。

1日あたりの配当($3500)

1日あたりの配当:0.005568BTC=9.828USD(再購入100%)

7月19日の大幅な設備投資が配当に反映されました。

USD換算では過去最高水準の配当が行われています。

$500プールで再投資50%(最低)だとどれくらい?

  • 再投資率50%(設定最低値)
  • 最小口の$500

だった場合、どれくらいのBTC配当があるかを公開します。

記録スタート:2017年6月18日

1日あたりの配当(平均):0.0002285BTC=0.629111USD≒69.20円/日

$500プールは最小口なので、予算に対して掛け算すればリターンが単純計算できます。

(*$3500プールの例のように再投資100%で数カ月プール増強に注力した方が後のリターンが大きくなります。

世界有数のマイニングファームによる事業でありHYIPではありません。

こちらの記事も参考にどうぞ。

ビットコインが普及する前に参入するのがベスト

知っている人は知ってますが、まだまだビットコインの認知度は低いです。

ビットコインが一般に普及する前に、ビットコインで資産・権利収入を築いておきましょう。

ビットコインが一般に普及していない段階でマイニング事業に参入できる大きなチャンスです。

当ブログから登録されるメリット
  • ご予算に合ったアカウント配置をアドバイスします。
  • どこのサイトよりもレスポンス早く、きめ細かく、登録後も1人ひとり丁寧にサポートします。
  • 登録後もサポートします。Q&A等直接OKです。
  • 暗号通貨、マイニングの最新情報をグループLINE等でシェアします。
  • 最新ICO情報、BitClubセミナー情報等をシェアします。

リスクを理解して余剰金で

どうでしたか?

私が実際にやっている・やってみたビットコイン投資のメリット・デメリットを紹介してきました。

どの方法でも上手く運用すれば利益を得られる可能性は十分にありますが、『不透明な部分』や『やってみないと分からない部分』も多いです。

繰り返しになりますが

  • 損をするかもしれない
  • 投資先が破綻するしれない
  • 詐欺かもしれない

などの予想できるリスクをしっかりと理解し、余剰金で自己責任で運用するようにしましょう。

『副業・投資』のおすすめ記事

『生活コストを下げる』のおすすめ記事