アフィリ、FX、暗号通貨、ファンド運用、せどり、ひと通りの副業を実践したサラリーマンの副業記

サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ

EAの考え方

【ナンピン系EA】海外FXのゼロカット口座で自動売買ツールは使えるのか?損切しないって本当?

投稿日:

こんな方に読んでほしい

  • ナンピン系EAってぶっちゃけどうなの?と思ってる人
  • 損切りしないEAって怖くないの?と思っている人

僕がFXの海外口座でEA(エキスパートアドバイザー)を使った自動売買を始めて4ヵ月が経ちました。

現在2つの通貨ペア(USD JPY、EUR USD)でナンピン系EAを使っていますが、非常に優秀で毎日コツコツと戦果を挙げています。

(毎月の実績については【EA運用実績】にまとめています。)

ただ、どれだけ性能の良いEAでも投資は投資。

『絶対』は有り得ないのと、ナンピン系EAを使ううえで予め理解しておきたいことがあるのでこの記事でシェアしておきたいと思います。

ゼロカット口座で使用するナンピン系EAの傾向

海外のFX口座は日本の国内口座と違い、入金以上の損失を被らない(追証が無い)ゼロカットを採用しているところが多いです。

そんなゼロカット口座で動くように設計されているナンピン系EAは損切が設定されておらず、負け=ゼロカット(つまり入金額=損切額)である傾向が多いような気がします。

実際に僕の使ってるナンピン系EAも、負けるまでは延々とナンピンが入ります。(損切りしたければ手動で行う)

『え?損切しないロジックなんて大丈夫?』

と最初は思いましたが、これは日本のFX業者にはない海外FXの高レバレッジの利点を活かしたロジックとも言えます。

なぜ、損切=ゼロカットに設定されているのか?

では、なぜナンピン系EAの多くが損切設定されていないかというと、高レバレッジで取引できる海外口座であれば少ない証拠金で多くのナンピンができるからです。

『ナンピン』というのは別称でマーチンゲールと言われたりします。

負け(意図と違う)た次のエントリーで倍の金額を投じていく手法で、1回でも勝てば全体のトレードをプラスで終わることが出来るので、資金が潤沢にあれば無敵の手法と言えます。

デメリットとしては回数が多くなるにつれて雪だるまのように必要な証拠金が大きくなっていくので、資金切れ=トータルで莫大な損失となってしまうが難点です。

例えば、レバレッジ1倍で1回目のエントリーに1万円を投じて、倍々とナンピンしていくとします。

ナンピン回数 エントリー金額
1回目 1万円
2回目 2万円
3回目 4万円
4回目 8万円
5回目 16万円
6回目 32万円
7回目 64万円
8回目 128万円
9回目 256万円

どうでしょう?

9回のナンピンをするために500万円超の資金が必要ということになります。

ナンピン4回目くらいならまだ見ていられますが、5回目以上となるとサラリーマンにはとても投じられる金額では無くなってるのが分かります。

レバレッジが高い海外口座はナンピンEAに有利

次に、レバレッジを考慮してみます。

日本だと最大25倍、海外(例えばXM)だと888倍までレバレッジを掛けることができます。

『レバレッジ=リスクが高くなる』というイメージが強いかもしれませんが、逆に言えば『少ない軍資金でそれなりのトレードができる』ことになります。

先ほどのナンピン(1回目のエントリーで1万円を投じる)にレバレッジを掛けてみると、

ナンピン回数 エントリー金額 必要証拠金(レバ25倍)
1回目 1万円 400円
2回目 2万円 800円
3回目 4万円 1600円
4回目 8万円 3200円
5回目 16万円 6400円
6回目 32万円 12800円
7回目 64万円 25600円
8回目 128万円 51200円
9回目 256万円 102400円

先ほどと同じ金額でナンピンしているのに、トータルで必要な軍資金は合計20数万円で済んでます。

これがレバレッジの凄さです。

そして、もしこれがXMの888倍だとすれば、9回ナンピンするのに6000円しか必要ありません。

実際は含み損を抱えるので、有効証拠金など考えると使える資金はグッと少なくなるのですが、それでもレバレッジの有り難さが分かるはずです。

何が言いたいのかと言うと、

1回でも勝てばプラストレードで終われるので、高レバレッジを最大限に活かして入金額目いっぱいナンピンしましょう

それに加えて、

海外口座ならゼロカット・追証無しなので入金額以上の損失はなく安心してナンピンできますよ

というのがナンピン系EAの基本理念です。

それ以外の

  • どれくらいのスパンでナンピンするか
  • ロット設定はどうするかか?
  • エントリーのタイミングは?

このあたりの要素がEAエンジニアさんの設計により、ピンキリになってくるところだと思います。

ナンピン系EAを使うなら、入金額=失っても良い額と心得ること

投資は余剰金で

投資の世界ではあまりにも有名な言葉ですが、分かっていてもなかなか実感できない言葉であり投資(特にトレード)の難しいところです。

しかし、ナンピン系EAを使ううえで、この格言は一層重みを持ちます

ナンピン系EAの理念で説明したとおり、

入金額=目いっぱいのナンピンに使う金額

となるので、ナンピン系EAの負けは、つまりナンピンを全て外した時は入金額が全て吹っ飛ぶ時です。

失って良い金額=損切り額

ではなく

余剰金=失って良い金額=入金額

になるので、勘違いの無いようにしておきたいところ。

ちなみに僕の使っている&配っているナンピン系EAはロジック上の推奨証拠金(入金額)が20万円なので、『このお金は失っても良い=失う可能性がある』と理解して使わないと、いざ土壇場と言う時に精神的に良くないと思います。

利益の定期的な出金は必須

そして、ナンピン系EAを使うのであれば、利益が入金額を超えるまでは必ず定期的に出金した方が良いです。

利益を貯めて複利運用することもできますが、運用額が増えてもリスクは変わりません。

まずは入金額以上に稼ぐことを最優先し、そのあとノーリスクで運用すればストレスフリーでFXを楽しむこともできるでしょう。

(ちなみに僕はEAで出た利益を別口座に移して裁量トレードの原資にしています。)

リスクとリワードは表裏一体

ナンピン系EAは相場が動かない時は非常に地味です。

それもそのはずで最初のエントリーは非常に低ロットなので相場があまり動かなければ1日数十円~数百円しか稼がない時も多いです。

当たり前ですが相場が動かずして利益が出ない=リスクを取らないとリワードは無いのがトレードです。

ナンピン系EAが大きな利益を出すときは、『大きな含み損を抱える』⇒『ナンピンして爆益』なパターンが多いので、予め理解しておいた方が精神衛生上良いです(^_^;)

ただ、不必要なリスクは避けた方が良いに決まっているので、大きな指標発表前には止めることが多い&止めた方が良いと思っています。

結果的に指標無視して完全放置していてもチャート上は勝ちで終わっているんですが、『あと2~3回ナンピンしたら危ないな』くらいに追い詰められてる場合が多いです。

止めるか止めないか、その辺りの判断は完全に自己責任の範疇なので、EAを使いながら裁量トレードの勉強をするのを強くお勧めします。

ナンピン系EAは『結果』が全て

ということで、結果論ですがナンピン系EAを使いはじめて今まで負けなしです。

海外口座の高レバレッジ&ゼロカットを活かすことができれば10~12回までのナンピンができるので完全放置でも大抵の相場は乗りこなせてしまいます。

これは国内FX口座では到底無理な芸当です。

投資に『もし』はありませんし、『結果論』かと言われればそうかもしれませんが『負けてないものは負けていない』『ナンピン系EA最強』というのが現状の使用感です。

大きな金額(100万円超)で運用すると業者からレバ規制で締め出しを食らうと専ら噂になっているレベルですが、僕が配布してるものは証拠金20万円入金と現実的な資金でも始められるので興味のある方はLINE@から『EA希望』と問い合わせして頂ければと思います。

サラリーマンの副収入を本気で考える!

ブログへの質問や、より踏み込んだ情報はLINE@にて!

ありがちな『毎月数百万円稼げる!』ような『ぶっ飛んだ話』は配信していません(^-^;

管理人自信もサラリーマンです。

等身大のサラリーマンが考える現実的な副業・副収入に関する情報

をテーマに発信しています。

-EAの考え方
-

Copyright© サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.