副業でも開業して個人事業主になるメリットとは?

私は本業であるサラリーマンの傍らアフィリエイトを主体とした副収入を得ています。

まぁまぁ今のところ順調で、現在ではどちらが給料なのか分からない状態にまでなってきました。

そうなると心配になってくるのが税金面。

脱税するわけにはいかないし、副業であっても年20万円を超える収入が有るならば、ちゃんと確定申告をしないといけません。

なので私は副業でありながら税務署に開業届を出して個人事業主になりました。

ん?副業なのに事業主?

フリーランスであれば税金対策の方法のひとつとして『個人事業』として開業すれば、節税面でメリットが大きい青色申告を選択することができます。

でも、私みたいな副業サラリーマンが企業に在籍して居ながら開業するようなことはできるのか??

この記事では起業するメリット、デメリットについて考えてみようと思います。

そもそも『個人事業』って?

副業でも個人事業主として開業するメリットとは?

個人事業を一言で言えば

自営業

です。

株式会社のような法人ではなく、街の駄菓子屋さんのような1人でやってるような仕事(?)

個人事業主はその代表。

一般的にはwikipediaにも

個人事業主とは、会社経営者でもサラリーマンでも公務員でもアルバイトでも無職でもない者の総称と言うことである(ただし、副業として個人事業主となることは可能である)。

とあります。

でも、私は公務員でもアルバイトでも無職でもありませんが、サラリーマンです。

後半の『副業としての個人事業主』ということになります。

ここで疑問なのはフリーランスの個人事業主と何が違うのか?ということですが、基本的には何も違わないと思います。

ネットビジネスからの収入以外に会社からの給料も鑑みて申請しなきゃいけないくらいです。

まぁ、個人事業主の定義について解説する記事ではないので、ここではこれくらいにしておきます…

開業することのメリットは?

副業でも開業して個人事業主になるメリットとは?

ずばり、本業があるのに『個人事業主』になるメリットは何でしょう?

なんとなくリスキーな気もしますが、大丈夫なんでしょうか?

青色申告で節税できる

個人事業主になると青色申告を受けることができます。

必要な書類や記帳が面倒くさいというデメリットもありますが1年の副業の稼ぎから65万円を非課税にできるのは大きいでしょう。

その価値があるのかないのか、副収入の額と、申請の労力と、節税分と相談しながら申請する必要があります。

他にも、年度の赤字分を次年度に持ち越せるとか、一般的には節税面で大きなメリットが挙げられます。

モチベーションが上がる

一般的な『個人事業主』のメリットをざっくりと紹介しましたが、私の個人的が思うメリットは節税面よりもモチベーションが一気に上がることです。

これは孤独になりがちなアフィリエイターには大きな原動力となるはずです。

屋号を取得できる

まず、開業することによって『屋号』を取得できます。

ようするに会社名みたいなものです。

屋号の取得は開業時の必須ではないので取得しなければ実名で開業することになります。

 

せっかくなので屋号は是非とりましょう。

 

ウェブサイトやブログで実名の代わりに使うこともできますし、出納管理面で何かとメリットがある『屋号で銀行口座を開く』ことも可能になります。

そして愛着が湧いて俄然やる気が出ます。

名刺を作って肩書を名乗れる

個人事業主になると無駄に名刺を作りたくなります。

え?ならないって?

でも、名刺にCEOって書いてあるのってカッコよくないですか?

(まぁCEOは株式会社でしか名乗れませんが)

個人事業主なら

  • 代表
  • 主宰

などオーソドックスな物に加えて

  • ~~コンサルタント
  • ~~ディレクター
  • ハイパーメディアクリエイター

こんな奇抜な物を名乗っても箔が付きます。

実際に、事業の代表なんですから、なにかこう、背筋がビシっと伸びます。

ちなみに私は代表ということで無駄に英語で【Proprietor】としています。

無駄にカッコいいでしょう?

意識を高く持つことが出来る

生活残業と決別するとか、40歳までにアーリーリタイアをするとか、自分らしいライフスタイルを確立するとか、掲げる目標が大層なものなのに、いつまでも『片手間』という気持ちで取り組んでいては目標を達成できません。

(達成できる人は良いですけど汗)

個人事業主になれば何事もルーズな管理はできなくなります。

特に金銭面。

私なんて手元にお金があればすぐに使っちゃうので『経費』という考え方を持つことで無駄な出費を抑えることができます。

そしてやっぱりモチベーション

せっかく開業したんだし利益は極大化したいですよね?だって事業主なんですから。

『ネットで稼いでる』とか『副業で稼いでる』と聞けば、まだまだ無知な世間からは怪しげな世界に見えるでしょう。

でも、『開業して看板を背負ったんだ』となると『堂々と稼いでいる』そんな意識にシフトできたような気がします。

(まぁ会社には表立って『開業しました』なんて言いませんけど。)

会社には伏せておくべき?バレないのか?

副業でも開業して個人事業主になるメリットとは?

さっき『堂々と稼いでいる』と言いましたけど、会社に開業したことを堂々と公言していいのか?それとも伏せておくべきなのか…そう問われれば、無論『会社には伏せておいた方が無難』と答えます。

理由は人間関係が面倒くさいから。

薄給だったり、古い体質の会社ならなお更です。

妬み、嫉みの要因になるのは明らかですからね。

もちろん、何も邪なことをしているわけじゃありませんので会社と縁の遠い知人・友人には打ち明けても何の問題もありません。

むしろ『すげえな!』と思われることでしょう。

日本の人口に占める起業する人の割合は、たったの5%なんて言われていますから個人事業主になるということはその5%に入るということです。

成功する、失敗するかなんて所詮は結果論で、まずはここまで漕ぎ着けたことに胸を張って良いと思います。

確定申告をすると会社にバレるんじゃ?

これは個人事業主であることがバレる…というよりも副業をしているのがバレるんじゃないか?

と同じ意味ですね。

よく、『確定申告をすると副業がバレる』というようなことを目にしますが、個人事業主に限らず本業の他に年20万円以上の収入があるならば確定申告をしなければいけません。

この確定申告をする際にうっかり会社に住民税が通知されたり、住民税の納入を個人納入に変更したことで『副収入があるのかな…?』と勘繰られて会社にバレるきっかけになるかも…ということです。

しかし、いかにカンの良い経理が居たとしても(まず居ないと思います)『何によって得た収入か?』までは分かるわけがありません。(あなたが口を滑らせなければですが)

もし。しつこく勘繰りをされる場合は『株式投資をしている』とか『FXで収入を得ている』とでも言っておけばいいでしょう。

株式やFXなどの投資は個人の資産運用です。

それをとやかく言う筋合いは会社にはありませんからね。