個人事業主が屋号入りネット口座を開くには?

個人事業主は、65万円の所得控除を受けられる青色申告をしようとする場合は、経理の簡素化の点でビジネス専用の銀行口座を持つことが推奨されています。

確かに、入出金の受け皿としてビジネス専用の物にしておけば、それだけで個人の使用分と明確に区別できるのでメリットは大きいと思います。

特に個人で確定申告を乗り切ろうとするならば、経理の負担を大きく減らせるのでデメリットはほとんど無いと言って良いんですよね。

でも、そこで迷うのがどの(どこの)銀行の口座を持つか?ではないかと。

実際に私もコレ!という口座に落ち着くまでは、あっちこっち開設してみて、試行錯誤したところなんですよね~

『ん?普通に近くの銀行で口座を持てば良いんじゃないの?』

と思う人も多いと思うし、たぶん、それでも全然OK。

ただ私が無駄に紆余曲折しただけ…と言われても仕方ないかもしれないですが、まぁいろいろ考えるポイントがあったわけです。

ここでは、一体何を迷ってたのか、その一部始終(?)を書き残して行こうと思います。

最初は近所の地方銀行口座で『ごっちゃ混ぜ』だった

最初は、アフィリエイト報酬の受け皿は、普段から個人で使っている地方銀行の口座でした。

今でこそ、どちらが給料なのか分からない額をアフィリエイトで稼ぐようになりましたが、やり始めた当時は『まぁ多分儲からないだろう』くらいの気持ちでやっていたので、事業とプライベートで口座を分けるメリットも必要性も感じてませんでした。

しかし、稼げるようになり、個人事業主として開業もして、いよいよやってきた『確定申告』。

青色申告で65万円の控除を受けようと帳簿を付け始めるも、プライベートとごっちゃ混ぜの口座では仕分けが面倒くさいのなんのって…

初年度は何とか仕方なしに乗り越えたものの、次年度からはちゃんと口座を分けようという考えに至ったわけです。

地方銀行のビジネス用口座を作る

アフィリエイト…というか個人事業専用の口座を作ろうとして、最初に作ったのが地方銀行の屋号付き口座

私は個人事業として開業しているので、一般の普通口座と違い、ビジネスアカウントで口座開設することができます。

というより、個人口座はビジネス用には使えないことがあるんです。

皆さんも最寄りの地方銀行の個人口座の開設規定を読んでもらえれば

※個人のお客さまであっても、事業性のお取引きについてはご利用いただけません。

こんな感じで事業性の取引を禁止する規定が結構あったりするんですよ。

まぁ、黙っていれば分からないんだと思いますが、ダメなことを堂々としてしまうのは何だか気持ちが悪いので、馬鹿正直に屋号付き口座をビジネスアカウントで開設しました。

まさかの落とし穴?

よ~し、カッコよくビジネスアカウントで屋号付き口座を開設してやったぜ!

と意気込んで、会計ソフトfreeeで取引明細を同期しようと思ったら…?

見事に同期しないわけです。

おっかしいなぁと思っていろいろ調べてみたところ。

どうやらビジネスアカウントでも有料プランに登録しないと残高照会だけで取引明細を読み込めない仕様だったわけです…

キャプチャ

↑は私が開設した地方銀行のサービス案内ですが、フリープランでは見事に入出金明細が読み込めない仕様になっています。

読み込みたい時は有料プラン(月額3000円!)にアップグレードする必要があったんです。

実はこれ、地方銀行のビジネスアカウントのインターネットバンキングではよくあることで、無料プランは残高照会だけで入出金明細は有料プランってことが多いんです。

相場はだいたい2000~3500円/月ってところなので、年額にすると3万円(以上?)

そんなの馬鹿げてますよね???

ということで、地方銀行のビジネスアカウントは没。

前もって確認すれば良かったんですけどね…わざわざ平日に有給休暇を取って窓口に行ったのに、見事に無駄足でした。

ネット銀行のビジネスアカウント

結局、辿り着いたのはネット銀行のビジネスアカウント。

こちらが満たしてほしい条件は最低以下の4つ

  1. 屋号入りの個人事業主向け口座開設が可能。
  2. 無料で入出金明細が取得可能。
  3. オンライン会計ソフトfreeeと同期可能。
  4. 近くのコンビニATMで入出金が可能。

(まぁ、2と3はほぼ同じなんですが)

全て満たしていたのが、ジャパンネット銀行

オンライン会計ソフトとの連携や、近くのコンビニATMで手軽に入出金なんてのはどの銀行でも当たり前のように出来るんだけれども

屋号入りの個人事業主向け口座開設

これがあるようでなかなか無いんですよね。

似たようなネット銀行では

  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行

なんかがありますが、

住信SBIは個人事業主の口座開設はNG(法人ならOK)。

楽天銀行は個人向け口座の開設を併せて行わなければならないこと、あと楽天の会員ではないので特に受けられるメリットも無いので私にとってジャパンネットの方が手軽と言えば手軽だったのでパス。

と言った経緯で、ジャパンネット銀行の個人事業主(営業性個人)向けの屋号入り口座がベストだったというわけです。

まぁ屋号に拘らなければ住信SBIが手数料が激安なこともあり魅力的なんですがね。


↑ジャパンネット銀行の口座開設はこちらから