アフィリ、FX、暗号通貨、ファンド運用、せどり、ひと通りの副業を実践したサラリーマンの副業記

サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ

メルカリ&Amazon転売

どうしてアパレル物販を副業にするのか?堅実に即金性と再現性の高い副業をするなら?

投稿日:

僕は収入源のひとつとしてメルカリやAmazonを使った物販・転売をやっています。

特に多く出品しているのが着なくなったり売れ残ったアパレルを安く仕入れて出品するアパレル物販です。

ものすごく地味で『作業ベース』ですが、積み重ねて行けば行くほど堅実な収入の土台となるので副業の入り口としても向いているんじゃないかなと思います。

しかし、物販・転売と聞くと

アパレル物販のイメージ

  • アパレルの物販なんて古い稼ぎ方なのでは?
  • 『誰でもできる』なんて嘘でしょ?
  • 仕入れ費用(初期投資)がかなり高つくじゃないの?
  • 在庫を置いておくスペースなんて無いよ

と思われる人も多いと思います。

確かに、『物販』はそれこそ大昔から行われているビジネスなので古臭そうで大変そうなイメージが強いかもしれません。

 

しかし、だからこそ逆に堅実で真っ当な収入源を築くことが可能です。

 

この記事では、僕がなぜ収入源のひとつとしてアパレル物販を選んだのかについて語っていきます。

読んで頂ければ『物販も悪くないな、即金性と再現性が高くて、初期投資も少なく始められそう!』と思っていただけると思います。

理由①アパレル市場が世の中から消え去ることは無い

まず、僕がアパレル物販をやろうと思ったキッカケは『アパレル物販で稼げるようになれば、時代がどう変わって行っても生活するのに困ることはないな』と思ったからです。

 

技術と時代の移り変わりの例としてよく挙がるのが、『ガラケーとスマホ』です。

2019年、スマホの普及率は80%を超えて『ガラケー持ってる奴なんて居るの?』なんて笑われたりしますが、かつてガラケーも普及率60%近くの全盛を誇ったことがあります。

そして携帯電話が普及する前はパケベルが全盛期でしたが、今は名前も聞かなくなりました。

 

日本の元号が大正、昭和、平成、令和と変わっていくように、世の中の技術、流行り、価値観、稼げる手法もどんどん変わっていきます

特にここ数年はAI、ブロックチェーン、ビッグデータの活用で今まで以上にテクノロジーが進化し、『今ある8割の仕事が無くなる』なんて言われていますからね(^-^;

 

しかし、僕たち人間にとって絶対に変わらないだろうモノが3つあり、それは

『衣』『食』『住』

です。

 

実際、衣(アパレル)の普及率はスマホどころの騒ぎでは無いです。

お金のある人、ない人関係なく、誰だってTシャツや下着、部屋着から一張羅まで含めれば少なくとも20着は持っているはずです。

となると服・アパレルの普及率は2000%~3000%、数千、もしかしたら数万パーセントです。

 

アパレル物販は我々の生活の基盤となる極々ベーシック市場ですから、時代の流れや技術の変化に左右されにくい市場です。

それどころか、メルカリやAmazonなどの『個人が不特定多数にモノを売りやすくなる』技術の進化によって個人が闘いやすい業界になってきました。

逆に、かつてサラリーマンの安泰の象徴とされた『銀行員』は、今では数万人単位のリストラを発表していますよね(^-^;

 

なので僕は

もしアパレル転売で少しでも収入を得られるようになれば?更には食費や家賃くらい賄えるようになれば、これほど心強い収入源はない

と思いアパレル転売を始めました。

理由②副業としての即金性と再現性がピカイチに高い

これはアパレルに限らず物販全てに言えることなのですが

物販は即金性・再現性が他のジャンルの副業よりダントツに高いからです。

 

副業の花形と言えば思い浮かぶのが

  • アフィリエイター
  • FX
  • ユーチューバー
  • 不動産

などの有名どころ。

 

成功すればリターンは大きいですが、残念ながら『成果を出せる人』『生き残れる人』は極ごく一部です。

なぜなら上記の副業は『ノウハウ』や『知識と経験』がモノを言い、全くの素人が短期間で成果を挙げられるものではないからです。

例えばアフィリエイターは良い例で、ブログ記事を1日1記事毎日書き続けて半年後にようやく100円稼げるかどうかの厳しい世界です。

それまでに殆どの人が挫折してしまいますよね?

 

対して物販は『ノウハウ・知識ベース』ではなく『作業ベース』の副業です。

簡単に言えば『やるか、やらないか』であり、出品さえコツコツと続ければ1ヵ月間もあれば誰でも幾らかの売り上げをあげることができます。

少なくとも、アフィリエイトの様に半年頑張ったのに100円も稼げないなんてことは無いでしょう。

理由③仕入れ、初期投資を抑えて始められる

次の理由は、物販は仕入れと初期投資を抑えて始められるからです。

 

僕は物販を始める前は、仕入れにすごくお金が掛かって、売れずに赤字になって在庫を抱えるのでは?と思っていました。

今から『お金を稼ぎたい』と思っているのに仕入れで赤字になったり、在庫置き場に困ったりするのを想像すると億劫になってしまうものです。

 

しかし、何でも考え方が大切です。

アパレルに限らず、最初の仕入れの勇気が出ない人は身の回りの要らない服やモノを売ることから始めたら良いわけです。

 

これ、重要な考え方なんですけど

『1000円稼ぐ』のと『1000円出費を抑える』のは同じなんです。

 

5000円で買った服を着なくなって2000円で売ったなら、

最終的に3000円で買えた=2000円出費を抑えられた=2000円稼げた

ことと同じです。

 

まずは身の回りの要らないものを売って出費を抑える感覚で副業を始めたらハードルがぐっと下がります。

既にある要らないものを売っているのであれば当面は在庫を抱える心配がありません。

実際に僕も最初は嫁の要らない服とか、自分の要らない小物から出品し始めて現在に至っています

また、節約しながら出品のスキルや手順を身に付いていけるので一石二鳥、三鳥です。

 

身の回りの物を売るのに慣れて、ある程度は売り上げ貯まったらようやく『仕入れ』をしていけば良いわけです。

理由④『堅実』で『真っ当』なビジネスである

ここまでアパレル物販を副業に選んだ理由を書いてきましたが、なにより一番は

 

アパレル物販は凄く堅実で真っ当なビジネス

 

だからです。

哲学的な話になるかもしれませんが、アパレル物販は『安く服を買いたい人』と『要らない服を売りたい人』のマッチングなわけです。

すごく凄く理にかなっていますし、誰かを傷つけたり、損させるビジネスではありません。

 

アフィリエイトだと本人は『良い』と思っても無いものを平気で他人に勧めたりするのは日常茶飯事。

MLMやネットワークビジネスなんてほぼほぼ上だけが儲かる養分吸い取り構造だったりします。

 

自分が稼ぐことに対して、自分だけで完結できる、いい意味で自分だけの責任で取り組めるビジネスです。

堅実に、即金性と再現性を求めるならアパレル物販!

ということで、僕が副業のひとつとしてアパレル物販をやっている理由を書いてきました。

時代遅れで、仕入れで赤字、在庫を抱えるのが心配と思っていた方はイメージが覆りませんでしたか?

まとめてみると

ポイント

  • アパレル市場が無くなることはなく、収入の土台を築くことが出来る
  • 他のジャンルの副業(アフィリエイトなど)と比べて即金性と再現性がピカイチに高い
  • 要らないモノから売れば初期投資を抑えられる
  • 誰かを傷つけたり、損させたりしない真っ当で堅実なビジネスである

ということです。

また、節約しながら物販のノウハウを蓄積していける(練習していける)のも大きなメリットではないかと思います。

 

ちなみに、僕はアパレル物販を有在庫でゴリゴリやってますが、在庫を抱えるリスクをゼロに抑えて、かつ強力な仕入れルートで安く仕入れられています

 

「どうやって始めたらいい?」

「始めたいけど、とりあえず何から手を付けたら良い?」

「自分もやってみたい」

と思った方は気軽に聞いていただければと思います^^

サラリーマンの副収入を本気で考える!

ブログへの質問や、より踏み込んだ情報はLINE@にて!

ありがちな『毎月数百万円稼げる!』ような『ぶっ飛んだ話』は配信していません(^-^;

管理人自信もサラリーマンです。

等身大のサラリーマンが考える現実的な副業・副収入に関する情報

をテーマに発信しています。

-メルカリ&Amazon転売

Copyright© サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.