基本給は上がっているのにサラリーマン年収が下がっている現実

今年はいっぱい稼げましたか?

サラリーマンであれば会社が年末調整をしてくれるのでこの1年でいくら給料を貰えたのかが分かるハズ。

一応、昇給は有ったし、何ヶ月分かは分からないけどボーナスも出たし、なんとなく『年収は増えている』と思っていました。

が、今年の年末調整の書類を見ると…給料は上がっているのにサラリーマン年収は下がっているってことが分かりました。

はい。

今年もサラリーマン年収400万円には遠く及びませんでした(苦笑)これはどういうことでしょ??

基本給は上がっている…のに?

まぁ雀の涙ほどですが、私の会社にも年次昇給があります。

かつては年1万円の基本給アップなんて企業がザラだったのかもしれませんが、地方の中小企業ではそんなところは希でしょう。

実際のところ数千円~5000円レベルの昇給がほぼ大半なのではないでしょうか??

でも、月の昇給がそれくらいだったとしても、年収に換算すれば数万円~10万円くらいは増えているはずなんですけど…それでもなぜサラリーマン年収が下がることになってしまうんでしょう?

残業をしなくなった

サラリーマン年収が下がった原因については、第一に『残業と決別した』ことが大きいです。

まぁ、私の会社はブラック企業なので、残って仕事をしたところで『実務に関係ないなら残業代つかないよ!』という意味不明ルールが適用されてちゃうんですよね。

働いてもお金が貰えない無駄な時間になっちゃうなら、人生の時間を浪費したくないので定時で退社するようにしました。

神経擦り減らして周りに気を使いながら残っている同僚を尻目に帰るのはなかなか快感ですよ。皆さんもやってみてください。

ボーナスは人件費調整の道具

残業をしなくなったからと言って、基本給は上がっているはずです。

どうしてサラリーマン年収が減るのか?結局のところ、サラリーマン年収なんてボーナス次第なんですよね。

基本給で月数千円増えたところで、ボーナスが十数万円下がってしまえばトータルとして年収が下がります。

ボーナスって『労働者にとって一方的にプラスなもの』だと思えますが、実際のところ会社側の人件費調整のバッファになってるんですよね。

表向きは年次昇給で基本給をアップさせ体裁を保ちつつ、ボーナスを減らしてトータルの人件費を下げることができる。企業にとってこんな都合の良いツールはないです。

なので、基本給がアップしたからと言って、それだけで単純に喜んでも意味がありません。

前々から『ボーナスを当てにした家計を組むことは危険』と言ってきましたが、その真骨頂がここにあるように思えます。(もちろん、ボーナスが出るだけマシですが)

ボーナスが出ないということは、その会社には人件費調整の手段すらないってことですからね。

サラリーマンの限界

ということで…

今年も一年間サラリーマンとしてせこせこ働いて来ましたが、サラリーマン年収は下がるという残念な結果となってしまいました。

入社当初は『社内ニート』でしたが入社数年経ち、まあまあそこそこ業務も任されるようになって、多少の責務も課せられるようになりました。

なのに年収は下がっている。これがサラリーマンの現実のような気がします。

だからこそ副業が必要と考えています。

こんなことでは、いつまで経っても生活は楽にならないし、理想のライフスタイルを送れる日は一生来ません。

一方で、給料以外の収入源を確保すれば会社の人件費調整に生活を左右されることもなくなります。まして、アフィリエイトのように自分でやった分だけ自分の収入になる副業はダイレクトに年収UPに影響します。

給料は上がったのに、サラリーマン年収は下がった。けど、副収入でトータル年収は上がった。私にとってはそんな一年でした。

『副業・投資』のおすすめ記事

『生活コストを下げる』のおすすめ記事