副業を始めて出来るようになったこと
副業を始めて出来るようになったこと

副業を始める以前の私が送っていた『手取り15万円の生活』とはどのようなものだったか?

これから何らかの副業を始める人に参考?励み?になればと思い

  • 副業を始めて出来るようになったこと
  • 考えが変わったこと

を紹介していこうと思います。

終わっていた給与依存生活

実は、私が勤務する会社は残業代がほとんど出ないんです…

いわゆるサービス残業ですね。

そのため給料は毎月キッチリ基本給が貰えるだけ。

転職組であるが故に基本給も少ないので、保険や税金を差っ引くとだいたい残るのが15万円程度

転職する前に受けた面接では

  • 残業もそこそこある
  • 有給も皆んな取っている

と聞かされていましたが、実情は全く逆でした…笑

そんな私は30代で妻と二人暮し

手取り15万円のうち

  • 家賃・駐車場   7万円
  • 食費       4万円
  • ガソリン代    2万円
  • スマホ・ネット代 1万円

あとは

光熱費などその他経費は妻持ちで、生活必需品等々を買えば…手元に残るのは1万円程度。

月によってはそれ以下になることも。

給料の残りカスのようなお金は、月に一度妻と食事に行くか、友人と飲みに行くかすれば、あとは幾らかの砂利銭が残るだけ。

まだ子供も居ないのに生活を維持するだけで収入のほとんどを使いきってしまう状態です。

この状態を

うわっ!少なw低所得者乙ww!!

と思う人もいれば

いやいや、この費用をもっと削れよ。

と思う人も居るかもしれません。

確かに、食費やネット代をもっともっと切り詰めれば、手元に残る金が1万円から2万円くらいにはなったかもしれません。

しかし、手取り15万円は逆立ちしても変わらないので、どう節約したって、捻出されるお金は数万円が関の山です。

私は無理に節約し僅かなお金を捻出するより、副業で稼ぎ、趣味に、旅行に、そして何より妻のため自由に使えるお金を自分で稼ぐことを選びました

何事も上を見たらキリがないし

逆に下を見てもキリがない

それは分かるが、人生は一度きりです。

どうせなら上を目指して生きていきたいじゃないですか。

給料の少なさをただ嘆いているより、何か行動を、解決策を講じたかったんです。

副業をして出来るようになったこと

サビ残、手取り15万で生活維持が精一杯だった私ですが、副業で自分の手で稼げるようになってからはいろいろ変わったと思います。

単純に出来るようになったことも多いし、考え方や価値観も変わっていきました。

些細なことから、人生観まで、出来るようになったこと、変わったことを紹介していきます。

1日1本ジュースを買えるようになった

『何を大袈裟な』と言われそうですが

350ml缶ジュースなら110円

500mlペットボトルなら140円

生活維持ですら精一杯だった私にとって、そこら辺の中学生すら買えるだろう缶ジュースは高級品でした。

1本140円のペットボトルとはいえ、毎日買えば4000円近くになりますよね。

小遣いゼロの私にとって、ヘヴィ級ボクサーのボディブローのように強力でした。

私は会社に毎日水筒持参し、飲み物代も節約していました。

(稼ぐようになった今もそうですけどね笑)

会社には自販機がありますが、買ったことはありませんでした。だって、買う金がないので。

中学生でも買えそうなジュースも買えないとは…

自販機の前を通る度になんとも情けない気持ちになったのを覚えています。

アフィリエイトを始めてから必死でブログを更新し、数カ月で5,000円/月を達成し、晴れてジュースを買えるようになりました笑

今はプレミアムモルツヱビスビールを毎日パック買いしても良いくらい。

いや、肝臓の方が持たないだろうけども(汗)副業を始める前の私には、考えられない贅沢です。

妻と食事・出掛ける回数が増えた

これが一番嬉しいかもしれません。

副業を始めるまではお金が無かったので、リアルで『友情か愛情か』を選択しなければならない状況でしたから。

理想論で言えば愛情を取るべきですが、毎回友人の誘いを断るのはなかなか辛いものがありました…

(明らかに誘われる回数は減っていくし)

月に一度、給料の残りカス・砂利銭を使い外食を楽しむ…

それでもあまり高給な食事はできませんでした。

本当の意味で『小遣い』が要らなくなった

月5000円を超えてからはかなりトントン拍子。

メインで運営していたアフィリエイトサイトの収益が月1万円を超えました。

さらに、月1万円は『アフィリエイトの最初の壁』のと言われるようでが、1万円を超えてからは月2~3万円に到達するのに時間は掛かりませんでした。

自力で小遣い3万円を稼いだのです。

ある意味、本当に『小遣い』なんてものが不要になった。瞬間です。

給与全てを妻に預けても、痛くもかゆくもなくなりました。

毎週とまでいきませんが、友人と遊ぶことができるようになったし、妻と外食する機会も増えたました^^

『節約』という道を選ばなくて本当に良かったなと思います。

給料が少ない、お金が無いからと節約だけに走れば、毎週毎週、借家の中で生活が終始していたでしょうから。

残業することが無意味と思うようになった

アフィリエイトの収益が月5~6万と順調に伸びてくると、残業することがとてつもなく無意味に思えてきました。

サービス残業で残業代が出ないという致命的な問題もありますが、残業で人生の時間を浪費するくらいなら記事の1つでもアップして、ブログやサイトの資産価値が高めた方が数千倍も、数万倍も有意義な時間の使い方だからです。

でも書きましたが、結局残業することで得をするのはブラック企業だけですからね。

周囲のダラダラ残る社員や、『帰り難い』雰囲気を必要以上に気にして自分の時間を無駄にするのはもう止めにしたほうが良いです。

私の会社でダラダラ残る人間は月に約40時間ほどサービス残業をしています。

一日あたり約2時間ですよ?

サービス残業ではなかったとしたら残業代は約6万円と少しと言ったところでしょうか?

定時後の時間も奪われて、残業代も出ず、それでいて副業をしている私よりも稼ぎが少ないんですから…無意味としか思えなくなりました。

私が会社で残業する意味は完全になくなりました。

会社の行事に参加しなくなった

残業と決別した私でしたが、その次は社内での評価出世無関心になっていきました。

上司や同僚の顔色ばかり伺う『会社行事』も例外ではありません。

会社の行事が嫌で嫌で仕方がない人は多いと思います。

ヤフー知恵袋などのお悩み相談では

『行きたくないけど社内評価に響くのでは?』

『欠席すると出世できなくなる?』

といった類の質問はもはや定番ですからね汗

私も副収入を得る前までは、社内評価や出世できなくなるのではと思い仕方なく参加していました。

でも、今は見事に全部キャンセル。

オールスルーです。

飲み会、社員旅行、スポーツレクリエーションなどなど…全てです。

社内評価がどれほど良かろうが、せいぜい年に一度、数千円の昇級がある程度ですよ?

いくら出世しようが、残業代すら出ない今の会社だと、責任に見合う報酬を得られるとは到底思えませんし。

そんなものを気にして定時後の時間や週末、休日を浪費するのは、はっきり言って時間の無駄だと思ったからです。

あと、嫌われる社内行事の筆頭と言えば飲み会だと思いますが、40後半〜60の世代に飲みニケーション(死語?)と言いはる人間が多くて困ってしまいます。

コミニュケーションと言いながら愚痴や猥談や馬鹿話がほとんど

このような無駄話がどのように仕事に活かされるのか、一度説明してほしいと思っているくらいです。

断っておきますが、私はお酒が大好きです。

ビールでも焼酎でもウィスキーでも。

尊敬できる仲間と呑むのであれば、何杯でも付き合います。

海外旅行に行くようになった。

私は旅行が大好き。

昔、ヨーロッパ周遊の旅に出たことがあり、それ以来海外の魅力に取り憑かれてしまいました。

日本とは違う『石の文化』で出来た街並みを見ると感動したし、現地の人間の生活を見て『日本ってほんと窮屈だなぁ』と気付いたりもしました。

アフィリエイトを始めて1年が過て、収益も月15万円を超えるようになったころ、自分でも驚くほど旅行が身近になりました

3日~4日程度の休みがあれば、嫁と思いつきでグアムや台湾に行くことも可能ですからね。

独立を視野に入れるようになった

当初はトレンドアフィリエイトサイトのみを運営していましたが、記事を外注する余裕が出てきたり違ったジャンル・テーマのサイトを立ち上げたりと収益を上げてくれるサイトの数は着実に増えていきました。

最初は記事を書くのも不慣れだったし、何を書いていいのかも分からない手探り状態。

苦労したか?と聞かれると相当苦労しましたよ

数多の詐欺商材が煽るような『片手間』では決してありませんでした。

しかし、今振り返ってみると順調にここまで来たとも思えますが、成功の一番の要因は『諦めずに継続したこと』だと思います。

そして2015年の12月にはついに個人事業主として開業することもできました!

副業を始める前まで、インターネットでお金を稼げる人間は一部のカリスマ東大レベルの頭の良い人間くらいだと思っていましたが、今はカリスマ芸能人やある分野の専門家である必要はないと断言できます。