定時に帰るのは悪いこと?遅くまで残る奴は偉いのか?

定時に帰る奴は悪

私の職場にもそんな雰囲気が漂っています。別に、誰かに『帰るな』と言われたわけではないんですよ。

上司から言われたわけでもなく、同僚から言われたわけでもなく…でも、確かにそんな雰囲気が漂ってます。

終業時間の30分前にはもう仕事の目途が立っていて『今日は早く帰りたいなぁ~』と思っていたのに、17時になったとたんに帰り難い雰囲気が漂いだして周囲に気を使ってしまって気付いたら18時、19時…

どうしてこうなってしまうのか…

『帰り難い雰囲気』を作るのは誰?

一体誰が、『帰り難い雰囲気』の原因なのか?

見分ける方法は簡単。

あの人が帰ったら、帰りやすいのに。

そう思わせる同僚や上司が居るとしたら、そいつが犯人です。

私の職場にも、居ます。

そして、いつも忙しそうにしています。

彼は、17時を過ぎたとたんに『忙しいオーラ』を漂わせてきます。

見るからに機嫌が悪そうに振舞ったり、周囲に聞こえるようなタメ息や舌打ちをしたり、とにかく定時後の雰囲気を悪くするのが得意です。

そして、毎日、毎日帰るのが遅いんです。

定時で帰ることなんて皆無なんですよね。

遅い人は本当に仕事してる?

じゃあ、その人は他の人よりも仕事量が多いのか?

と言われると、そうでもなかったりしますよね笑

観察してみると…

  • 仕事ではなく雑用みたいなことをしていたり
  • 休憩と銘打ってネットサーフィンをしていたり
  • 仕事らしい仕事をしてないときが多い

こんな感じです。

そして、仕事をしていたとしても効率が悪いんですよ。

今やるべきことを後回しにしたり、後回しにできることを今やったり、仕事の優先順位が滅茶苦茶なんですね。

傍から見たら、遅延行為をしているようにしか見えないことも。

どうして帰るのが遅い?

あまりにも不思議、というかおかしいと思って彼とは古い関係の先輩社員に聞いてみると、どうやら『家に帰りたくない理由』があることが分かったんです。

その理由はというと(生々しいですが)

  • 嫁の方が稼ぎが多いので早く帰ると立場が無い
  • 早く帰ると家事や育児の手伝いをさせられる

………

………

実は、『帰り難い雰囲気』を出す人間って『家に帰りたくない』人間であることが多いんです。

他には

  • 帰ってもやることがない、会社に居る方が楽だ。
  • 夫婦関係が冷え込んでいるから帰りたくない。

帰りたくない理由なんて、所詮この程度のものです。

あ、あとは生活残業

実は帰ろうと思えば帰れる

本当は本人も仕事なんて早く終わらせたいわけで、帰ろうと思ったら帰ることができるんですよ。

でも、家に帰りたくないから帰らない。

そのジレンマからくる鬱憤やストレスを帰り難い雰囲気として周囲にぶつけることで晴らしているんですね。

『良いな~暇なお前らは早く帰れて』

『俺がまだ仕事してるのに、お前らは帰るのか』

『会社のために少しでも残って仕事するべきだ』

『最近の若い奴らはすぐに帰りたがる』

『もうちょっとやっていけ(何を!?)』

言っていることはたいそうご立派(?)ですがその裏側はとっても陳腐なんです。

いやはや、定時で帰りたい我々にとっては邪魔者以外の何者でもないですよね(爆)

陳腐な理由に人生の時間を無駄にする必要はないです

もちろん、仕事を放り出して帰ってしまうのはアレかもしれませんが、自分の仕事が終わっているなら、さっさと帰るべきです。

日本人は労働時間の割には効率が著しく悪いと言われていますが『家に帰りたくないから残ってる』人間と、『帰り難い囲気に呑まれて帰れない人間』が居てしまっては効率なんて良いわけがありません。

でもなぁ…帰るの気まずいし…

そう思ってしまうのも分かります。

でも考えてみてください。

帰り難い雰囲気を出す奴らの『嫁より稼ぎが悪いから帰ると立場が無い』とか『早く帰ると育児や家事の手伝いをさせられる』みたいな陳腐な理由に付き合わされて自分の人生の貴重な時間まで無駄にしてしまうんですよ?

私には耐えられないです。さっさと帰りましょう。

『副業・投資』のおすすめ記事

『生活コストを下げる』のおすすめ記事