アフィリ、暗号通貨、ファンド運用、せどり、ひと通りの副業を実践したサラリーマンの副業記

サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ

お勧めのトピックス

スワップ・アービトラージ
スワップ金利専門の海外ファンド。
相場のリスクを限りなく排除しローリスク・ミドルリターンの運用を目指します。

フィリピン不動産
フィリピン初の地下鉄『MEGA MANILA SUBWAY』の承認で不動産バブルが再燃しています。フィリピン不動産・コンドミニアムの視察ツアーを開催しています!

詳細はLINE@から気軽にお問い合わせください!

フィリピン

【APECO】フィリピンで永住権APRVを取ろう!世界で最も利用価値の高い永住権とは?

投稿日:

フィリピンは日本人の永住先として人気です。

日本では老後を安定して生活するには7000万円必要と言われていますが、給料も上がらない、年金も貰えないかもしれない世代にとっては不安ですよね(^-^;

一方でフィリピンは

  • 親日国である
  • 綺麗な英語を話す
  • 物価が安い
  • 料理が美味しい
  • 温暖な気候
  • 日本から近い

など、日本人にとって衣食住に困らない環境が整っているため、ランニングコストの安いフィリピンで老後を過ごそうとする人が多いようです。

また、近年では老後の永住先としてだけではなく資産を守るために永住権を取る人も増えています。

特に莫大な含み益を持つ古くからの暗号通貨ホルダーは、高額な税金を取られてしまう日本を出て、いっそのこと海外移住してしまおうとする人も少なくありません。

さらにフィリピンはCRS未加盟であり経済発展が期待される人口ボーナスを持つ『投資するのに最も適した国』でもあります。今やフィリピンの永住権を持っておくことは、将来のリスクヘッジばかりでなく資産をいかに守るor増やすための手段になると言っても過言ではありません。

フィリピンの永住権取得には年齢制限をクリアしなければならなかったり、取得に30日間のフィリピン滞在が必要だったりと、サラリーマンとして働きながら取得するにはハードルが高いものでしたが、APECOプログラムに参加することでフィリピンの特別永住権APRVが取得できるようになりました。

こんな方におすすめ

  • 将来フィリピンに移住したいと考えている
  • フィリピンを投資対象として見ている
  • フィリピンの不動産投資を考えている

この記事では世界で最も利用価値の高いフィリピンの特別永住権について解説していきます。

APRV特別永住権とは?

フィリピンの代表的なビザは次の4つ

  • クオータービザ
  • SRRVクラシック
  • SRRVスマイル
  • APRV(APECO特別永住権)

この中でもAPRV(APECO特別永住権)はフィリピンのビザのなかでも取得しやすいのが特徴です。

名称 永住権 期間 年齢制限 就労 更新
クオータービザ 無期限 35歳以上 可能 1年
SRRVクラシック 無期限 35歳以上 可能 1年
SRRVスマイル 無期限 35歳以上 可能 1年
APRV 無期限 なし 可能 5年

SPRVは他のビザと比べて取得の年齢制限がありません。

また、更新が5年なのも魅力です。

名称 費用・預託金 取得

滞在日数

年会費 現地居住地
クオータービザ 5万USD以上の預託金

(約529万円)

年間50人までの制限あり

30日間 なし 永住権の住所を維持するために住居の確保が必要
SRRVクラシック 5万USD以上の預託金

(約529万円)

50歳以上なら2万USD

(約211万円)

360USD

約3万8千円

SRRVスマイル 2万USD以上の預託金

(約211万円)

APRV APECOプログラムに2万USDで参加

(約211万円)

4日間 7500円 不要

特筆すべきは、取得のためにフィリピンに滞在すべき日数がAPRVだと4日間と圧倒的に短いことです。

サラリーマンで30日間もフィリピンに滞在するのは難しいですから、これは嬉しいですね。

アジア各国のビザと比べても優秀

名称 永住権 期間 年齢制限 就労
タイ Non-immigrant

O-A査証

× 最長15カ月 50歳以上 不可
マレーシア MM2H × 最長10年 50歳以上 専門職に限り
インドネシア リタイアメント査証 × 最長5年 55歳以上 不可
台湾 引退者用ロングステイ査証 × 最長180日間 55歳以上 不可
ニュージーランド 投資家リタイアメント査証 × 最長2年 66歳以上 不可
フィリピン APRV 無期限 なし 可能

各国の長期滞在ビザは年齢制限がフィリピンよりはるかに高いのが分かります。

また、各国のビザでは就労が出来ないのに比べて、フィリピンのAPRVは就労・就学が可能です。

APRV(APECO特別プログラム)とは?

APECOとは『Aurora Pacific Economic Zone and Freeport Authority』の略です。

Auroraとはフィリピン・ルソン島のオーロラ州のことで、自然に恵まれた高級リゾート開発や自然環境保全に配慮したエコロジーエネルギーの生産、自由貿易港等の開発を行う経済特区となっています。

この経済特区の振興開発事業であるAPECOプログラムに参加することで特別永住権を取得することができます。

フィリピン共和国法に則り、政府と臭が取り組んでいる振興開発事業です。

また、プログラム参加者に対して各種優遇措置を付与しており、APRVビザにはAPECOリゾート施設に年間最大60日の無料宿泊が可能なリゾート会員権(利用権制)が付帯します。

永住権取得のメリット

日本国内の免税店で消費税の還付

日本では消費税率が10%に引き上げられることが予定されていますが、フィリピンの永住権を取得して一定の条件を満たすことで日本国内の免税店で消費税の還付を受けることができます。

(購入店により異なりますが、一定額以上の購入、パスポート・ビザ査証ページの帰国スタンプの定時等が必要です)

航空運賃国内線割引

海外永住権を持っており、一定の条件を満たせば日本の国内線の航空券運賃の割引を受けることができます。

参考:ANA海外永住権割引

目的地 通常期標準価格 海外永住権取得者
東京羽田から 大阪 25,200円 10,800円
札幌 37,500円
福岡 41,100円
那覇 45,800円

おさらい:フィリピンが永住の地として選ばれる理由

ポイント

  1. 簡単な英語でもコミュニケーションが可能
  2. 日本までわずか4時間30分の国
  3. 年間平均気温26.5℃でハワイに似た暮らしやすい気候
  4. 朗らかで家族的、日本人と合うフィリピン人の気質
  5. 夫婦2人でわずか10~13万円(1人あたり)年金だけでワンランク上の生活が可能
  6. 家政婦(介護士)・運転手付きが一般的
  7. 美しい自然、温暖な気候、マリンリゾートで充実
  8. 非情に高いフィリピンの医療水準。先進的な医療制度で安心
  9. 365日24時間体制の介護
  10. 今後ますます伸びる経済。住みやすい国に。
  11. 賃貸物件の大家、低価格で不動産物件の購入が可能。
  12. 高い金利の金融商品が利用可能

フィリピン永住権についての詳細・取得アテンドについてはLINE@からお問い合わせください。

サラリーマンの副収入を本気で考える!

ブログへの質問や、より踏み込んだ情報はLINE@にて!

ありがちな『毎月数百万円稼げる!』ような『ぶっ飛んだ話』は配信していません(^-^;

管理人自信もサラリーマンです。

等身大のサラリーマンが考える現実的な副業・副収入に関する情報

をテーマに発信しています。

-フィリピン

Copyright© サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.