アフィリ、暗号通貨、ファンド運用、せどり、ひと通りの副業を実践したサラリーマンの副業記

サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ

お勧めのトピックス

スワップ・アービトラージ
スワップ金利専門の海外ファンド。
相場のリスクを限りなく排除しローリスク・ミドルリターンの運用を目指します。

フィリピン不動産
フィリピン初の地下鉄『MEGA MANILA SUBWAY』の承認で不動産バブルが再燃しています。フィリピン不動産・コンドミニアムの視察ツアーを開催しています!

詳細はLINE@から気軽にお問い合わせください!

BDO(フィリピン) フィリピン

【フィリピン】BDOの銀行口座を開設しよう!

投稿日:2018-10-30 更新日:

これから海外銀行口座を持ちたいなと思っているい方にはフィリピンの銀行口座を候補に入れると良いと思います。

フィリピンでは『憲法』に定める条文によりCRSに加盟できないのではないかと言われています。

こんな方におすすめ

  • まだ海外の銀行口座を持っていない人
  • CRSに加入していない国の銀行口座を開設したい人
  • フィリピンの住所が無くても銀行口座を開設したい人
  • フィリピンの不動産に興味がある人

フィリピンは『憲法』のためCRSに加盟できない?

あまり知られていないのですが、フィリピンでは個人のペソ預金や政府投資債権の内容については共和国憲法第1405号で絶対的秘密情報とされています。

これらの情報は政府の役人や政府機関の他、いかなる人も内容を調査したり確認することはできません。また、共和国憲法第6426号では外貨預金(ドル預金、円預金等)に関する情報も同様に絶対的秘密情報と見なされています。

この憲法によりフィリピンはCRSに加盟することができないと考えられています。

どの国も『憲法改正』は簡単ではない

ここでポイントとなるのが『憲法』で預金が絶対的秘密情報と見なされている点です。

憲法はその国の統治の根本・原理原則を定めたものですから簡単に改定することができません。良い例として我が国日本も改憲の議論が長期に渡って行われていますが、結局戦後一度も改定されたことがありません。

憲法改定の難しさはフィリピンでも同じで、憲法により預金情報が絶対的秘密情報と見なされている以上、世界各国でCRS加盟が進む中でも加盟できない(改憲できない)事情があります。

『BDO』外国人でも個人口座を開設できるフィリピン最大の銀行

「Banco De Oro Universal Bank(バンコデオロバンク)」

フィリピン有力財閥のひとつで、フィリピン最大級のコングロマリット(複合企業)「SMグループ」が所有する銀行です。

資産部門 1位:BDO 2位:Metoro 3位:BPI
資本部門 1位:BDO 2位:Metoro 3位:BPI
預金部門 1位:BDO 2位:BPI 3位:Metoro
融資部門 1位:BDO 2位:BPI 3位:Metoro

表のとおり、フィリピン最大手の銀行であり、他行と比べて手数料も低く、フィリピン国内のいたるところに支店やATMがあり使い勝手も良いです。

また、銀行口座にはデビッドカードが付帯しますので日本のATMでも出金可能になります。

BDO口座開設&不動産視察ツアー

管理人の信頼できるビジネスパートナーが、BDO口座開設ツアーフィリピン不動産視察ツアーを定期開催しています。

(私も参加したことがあります。)

お問合せ&質問等は下記LINE@からお気軽にお問合せください!

サラリーマンの副収入を本気で考える!

ブログへの質問や、より踏み込んだ情報はLINE@にて!

ありがちな『毎月数百万円稼げる!』ような『ぶっ飛んだ話』は配信していません(^-^;

管理人自信もサラリーマンです。

等身大のサラリーマンが考える現実的な副業・副収入に関する情報

をテーマに発信しています。

-BDO(フィリピン), フィリピン
-,

Copyright© サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.