アフィリ、暗号通貨、ファンド運用、せどり、ひと通りの副業を実践したサラリーマンの副業記

サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ

副業のすすめ

【貯金は貧乏への近道】貯金は無意味なので今すぐ止めた方が良い理由

投稿日:2018-10-28 更新日:

貴方は貯金をしてますか?

もし貯金をしているなら今すぐやめてください

サラリーマンとして働いていると同級生や、同世代の同僚が『いくら給料を貰ってて、いくら貯金しているのか』が滅茶苦茶気になるものです。

僕もそうでした。

『30代 貯金 平均』

みたいなキーワードで検索して、自分の貯金の少なさに愕然として『少しでも貯金しなきゃダメだ』と思いせっせと1ヵ月に1~2万円ずつ貯めて…

『ほんっとお金貯まんねぇな…』

と危機感を覚えたものです。

ところが、投資なり副業などのビジネスをキッカケにお金の知識が付いてくると貯金を頑張っても何の意味も無いなと痛感します。

この記事では、なぜ貯金をすることが無意味なのか、そしてお金が無いのは貯金のせいなのかをまとめていきます。

こんな人に読んでほしい

  • 貯金が全然増えなくて将来に危機感を抱いているサラリーマン
  • まだ給料以外の副収入が何も無く何かを始めたいサラリーマン
  • まだ子供や家の出費が無い『身軽な』サラリーマン

貯金はかつて最強の『投資』だった

日本人であるならば、老若男女問わずほとんどの人が銀行口座を持っていることでしょう。

僕の通っていた小学校では学校として郵便貯金に取り組んでいて、毎月500円を貯金してたので卒業するころには20万円くらいになってて子供ながらにスゴイ嬉しい思いをしたのを覚えています。

小学生でも口座を持っているような銀行口座普及率の高い国は世界でも稀ですから、日本は根っからの貯金が大好きな国のひとつと言えます。

では、なぜこんなに銀行口座の普及率が高いんでしょう?

それは貯金が一番良い投資だった時代があるからです。

皆さん自覚が無いかもしれませんが、貯金はお金を預けて利息を貰う立派な投資です。

日本は第二次世界大戦でコテンパンに負けましたが、高度経済成長で不死鳥のごとく蘇りほんの数十年前までは預金の金利が4%とか5%でしたから、世の中の人は挙って貯金をしました。

それが一番リスクが低く、リターンが大きかったんですね。なので、その時代を味わった大人たち(僕の両親より上の世代)は口酸っぱく

『貯金をしなさい』

と言うようになりました。

でも、今は貯金の利息なんて雀の涙で、むしろマイナス金利で取られる時代です。

貯金=最強の投資である時代はとっくに終わりました。

まずは、数十年前とは世代が違うことを理解しないといけません。

貯金が『無意味』になってしまった理由

とは言え、貯金が『無意味』と聞いてすぐに納得できる人は少ないかもしれません。

貯金は無いより有った方が良いに決まってますし、お金が貯まってるのを見て嬉しくない人は居ないはずです。

でも、そこが落とし穴。

『今』はいいかもしれませんが、『将来』『老後』の事を考えるのであれば貯金は絶対にやめた方が良いです。

ここからはその理由を解説していきます。

お金の価値は下がっていく

今でも貯金を勧める人達は『お金の価値は下がっていく』と言うことを全く考慮していません。

政府は税収よりもお金を使う傾向があります。『日本の借金は1000兆』と言われるように、それを賄うために国債を発行し日銀からお金を融通します。

日本も過去数回にわたる『量的緩和』で市場に出回るお金が増えれば…?お金の価値が下がる=物価が上昇していくことが分かるはずです。

缶ジュースはいくらでしたか?

一番身近なものが缶ジュースやペットボトル飲料ですね。

僕が子供の頃(20年以上前)は350mlの缶ジュースは1本100円でしたが、それが今では130円。30%も値上がりしています!

消費税も子供の頃は無かったのが3%でスタートして今は8%、10%と控えています。

ということはです。

同じ金額で買えたものが今買えなくなっている=お金の価値が下がっている ということです。

価値が下がった分を利息で賄えるなら良いですが、利息も付かないのに価値が下がっていくものを貯めていきますか??

10年貯金しても老後の1年も賄えない

そして、サラリーマンも40代になってくると貯金をする理由の1つに

『老後の蓄え』

が入ってくるでしょう。

老後のため?ちょっと笑わせないで欲しいですね。

僕は手取り18万円ですが、生活費諸々差っ引くと手元には1〜2万円しか残りませんが、1年間貯金したところで24万円にしかなりません。

老夫婦2人が1ヵ月生活するのに20万円かかると言われているのに、これでは割に合わな過ぎです。

貯金は数カ月分の生活費で十分、あとは副業や投資に回すべき

ちなみに、余裕ある老後を過ごすには7000万円必要だと言われていますが、毎月コツコツ1万円貯めて達成できるかというと僕は絶対に無理だと思います。

ではどうすればいいか?

貯金なんて数ヶ月分の生活費があれば十分であり、『コップから溢れたお金』は投資なり、副業なり、自己啓発(自分への投資)に使うべきです。

もちろん、金銭的、時間的リスクがつきまとうので100%確実に成果は出ないかもしれません。

時には損もします。

大切なのは『続ける』事です。

給料で貯金しようとしたら1~2万円しか貯められない僕が、アフィリで稼ぎ、投資に回す種銭を作り、配当だけで給料を超えるようになったのは、いろいろな失敗があっても諦めずに時間とお金を貯金せず投資に回してきたからです。

『早くラットレースから逃げよう』

これが全てです。

失敗しても、それが経験となり、人脈やチャンスに繋がる事も多いです!

信念と目標を持って前に進んで行きましょう。

サラリーマンの副収入を本気で考える!

ブログへの質問や、より踏み込んだ情報はLINE@にて!

ありがちな『毎月数百万円稼げる!』ような『ぶっ飛んだ話』は配信していません(^-^;

管理人自信もサラリーマンです。

等身大のサラリーマンが考える現実的な副業・副収入に関する情報

をテーマに発信しています。

-副業のすすめ
-

Copyright© サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.