アフィリ、暗号通貨、ファンド運用、せどり、ひと通りの副業を実践したサラリーマンの副業記

サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ

脱社畜論

正直、出世したくないよね?魅力が無いから

投稿日:2016-08-10 更新日:

サラリーマンにとって、『出世』は必ずしも好待遇を約束してくれるものじゃないです。

皆さん、今いる会社で出世したいですか?

私は出世なんて絶対したくないです。

それどころか、出世したら人生終わりだと思ってるくらいです。

なぜか?

上司の姿を見ていると、出世に絶望しちゃうからです。

私が上司に見る『出世像』とは…?(あくまで私の場合ですよ)

帰るの遅い…

まずこれ。

もうね、見てると毎日遅いです。19時なんて早いほう。

私の上司は家帰って飯食って寝るだけって感じの生活してますよ。

なんでこんなに毎日遅くまで残ってるんですかね?やっぱり責任が付いて回るからですか?

平社員なら自分の仕事だけ終わらせれば帰れますけど、役職が付くと他人の仕事を集めちゃうんですよね。

他人のことで帰りが遅くなるなんて絶対に嫌です。

まぁ、私は本当に仕事が出来る人っていうのは他人に仕事を振るのが上手い人…なんて思ってますけどね。

責任の対価は…ないよね?

出世するとどれだけ給料が上がるんですか?

責任の対価』をちゃんと貰えていますか?

数千円ほどの役職手当を貰っただけで、部下がミスを全部被れますか?

私は嫌です。

その分、平社員は気楽です。

どうしようもなくピンチな修羅場を迎えても、最後の最後には上司が後ろに控えててくれるわけですからね。

残業を強要される

私の会社の場合ですけどね。

偉くなったんだから、会社のこと考えろ

みたいな圧力を経営陣からかけられてるみたいです。

アホくさいですよね。

よく有りがちなのが、課長職。

平社員や係長程度なら残業手当を貰えますが課長以上の経営側の人間になったとたんに残業手当が付かなくなる会社が多いです。

課長の年収が係長より低いなんて会社も少なくないでしょう。

ボーナスでガツンと差をつけてくれるならまだ救われますがね。

休日出勤最後の砦にされる

イレギュラーやノルマ不足に陥ると、休日出勤をする羽目になります。

部下がみんな休日出勤を断ると…当然、役職者が出るしかなくなりますよね。

昔、製造業で働いていた時は毎週土曜日出勤していましたからね(泣)

平社員は理由はどうであれ断ることができるので気楽です。

家族…大丈夫?

遅くまで残っているわりには給料が少ない。

家事は嫁に任せっぱなし。家に居ないので子供の面倒も見ない。

そりゃ、家族とギクシャクしますよね…

嫁の方が給料が高ければ、なおさら立場がないですよね。

田舎じゃ高給取りは銀行、電力、公務員くらいなので、嫁より給料が少ないのはよくあることです。

身動きが取れなくなるなってる

万が一、もうやってられない!辞めてやる!となったても役職が付いているばっかりに踏ん切りが付かなくなりますよね。

『俺が辞めたらこの会社はどうなるんだ?』

みたいな、責任感(?)に苛まれることになりかねません。

案外、『自分がいなければ』と思っている本人が抜けたところで会社っていうのは何も無かったかのように回っていくものです。

生きていくのに必要な力さえあれば十分

生活レベルが最低限(ある程度余裕は持ちたいが)確保できて、それに満足しているなら、それ以上は無理に頑張る必要なんてないと思います。

本業以外にも収入源が得られる力があればなおさら。

そりゃあ、仕事に誇りを持てるとかヤリガイを感じることができるのならば否定することはしませんけども。

『何の為に働いているのか』

という問いには常に答えられるようにしておくべきでしょう。

会社のために働いているわけじゃないんですから

サラリーマンの副収入を本気で考える!

ブログへの質問や、より踏み込んだ情報はLINE@にて!

ありがちな『毎月数百万円稼げる!』ような『ぶっ飛んだ話』は配信していません(^-^;

管理人自信もサラリーマンです。

等身大のサラリーマンが考える現実的な副業・副収入に関する情報

をテーマに発信しています。

-脱社畜論
-

Copyright© サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.