アフィリ、暗号通貨、ファンド運用、せどり、ひと通りの副業を実践したサラリーマンの副業記

サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ

xGT(クロスゲートトークン)

【xGT】xGateToken(クロスゲートトークン)とは?暗号通貨と金融サービスを融合させる配当型トークン!

投稿日:2018-05-30 更新日:

xGateToken(クロスゲートトークン)はRevolletが扱う暗号通貨事業&金融サービスの事業配当を得られる配当型トークンです。

『2018年はICOの年』と言われていましたが、地合いが悪いこともあり多くのICOが上場後に原価割れとなり酷い状況が続いています(^-^;

その理由は、多くのプロジェクトは計画は壮大でも『具体的な使い道がない』こと、また殆どの投資家が『値上がりしたら売る』ことを考えており、単なる投機対象として扱われているためです。

その点、xGateTokenは革新的なマルチカレンシーe-Walletである『Revollet』を介して運用される

などのさまざまな暗号通貨&金融サービスから事業配当を受けるための『鍵』となる明確な役割があるので『売られにくい』性質を持ちます。

xGateToken(クロスゲートトークン)の役割とは?

xGateToken(クロスゲートトークン)は『トークン』と呼ばれてはいるものの、現在のところまだイーサリアムのERC20やNEOのNEP-5などのようなトークン化はされておらず、Revollet上だけに存在する『株式』のような位置づけです。

価格は700xGT=$2000に固定されていて値上がりも値下がりもしません。

なので従来のICOのように、

資金調達⇒トークン発行⇒上場⇒売却

で終わってしまうものではなく、Revolletからの事業配当を得るための権利=株式なので、配当が貰える限りホルダーが『売らない』ような仕組みとなっています。

関連記事:Revollet(レボレット)とは?暗号通貨。法定通貨対応のマルチカレンシーウォレット

ロードマップ

多くのICOがお金を集めてからプロジェクトを進めるのに対して、xGTは既に

  • E-ウォレット
  • 暗号通貨取引所
  • コピートレード

の開発を終了しています。

今後は

  • オフショア銀行(2018年12月予定)
  • 暗号通貨のATM出金

などをローンチしていく計画です。

xGTはERC20トークン化される?取引所への上場は?

トークン名  xGateToken(クロスゲートトークン)
シンボル  xGT
プラットフォーム  Etherreum ERC20
発行枚数  150,000,000 xGT
プレセール価格  1口700xGT=$2,000(ETH支払)
セール開始  2018年2月3日
オフィシャルサイト  https://x-gatetoken.xyz/

xGTはまだトークン化されておらず(ETHやBTCのようなブロックチェーンで閲覧できない)、現在のところRevollet内でのみ購入&各事業に投資(ロック)できるポイントのような状態です。

なので、今のところどこの取引所にも上場していませんので、ある意味ICOの段階と言えるかもしれません。

いずれはERC20プラットフォームでトークン化されると言われており、まずは自前の取引所Revexへ上場し、自由にトレードできるようになる予定です。

サラリーマンの副収入を本気で考える!

ブログへの質問や、より踏み込んだ情報はLINE@にて!

ありがちな『毎月数百万円稼げる!』ような『ぶっ飛んだ話』は配信していません(^-^;

管理人自信もサラリーマンです。

等身大のサラリーマンが考える現実的な副業・副収入に関する情報

をテーマに発信しています。

-xGT(クロスゲートトークン)
-,

Copyright© サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.