アフィリ、暗号通貨、ファンド運用、せどり、ひと通りの副業を実践したサラリーマンの副業記

サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ

xGT(クロスゲートトークン)

Revollet(レボレット)とは?暗号通貨・フィアット対応のマルチカレンシーウォレット

投稿日:2018-05-30 更新日:

Revolletは暗号通貨と法定通貨を扱える革新的なウォレットサービスです。

などの暗号通貨&金融サービスを全てRevolletたった1つ利用することができる総合プラットフォームでもあります。

xGTは配当型トークンのような役割を果たします。

Revollet(ウォレット)内で取り扱う各事業にxGTを投資(ロック)すれば、Revolletで株主配当のようなリターンをETHで得ることができる仕組みです。

xGT(クロスゲートトークン)とは?

xGateToken(xGT)はRevollet内で購入できる独自トークンです。

現在のところRevollet内だけで取り扱っており、他所の暗号通貨取引所には上場していません。

イメージとしてはBinanceコイン(BNB)のように、提供する事業収益(BNBの場合は取引手数料)をトークンホルダに配当する配当型トークンのようなものです。

ただ保有しているだけでは配当は発生せず、Revollet内でxGTを投資(ロック)することで定期的に配当が発生します。

Revolletで提供する事業について

2018年11月現在、Revolletでは以下の事業を展開しており、今後も増えていく予定です。

xGTトークンホルダは好きな事業を選びxGTを投資(ロック)することで事業配当を得ることができます。

投資(ロック)したxGTは消えてしまうわけではなくロックを外して他の事業に乗り換えることも自由にできるのがRevollet & xGTプロジェクトの最大の特徴と言えます。

(配当を貰うには一定期間ロックが必要です)

ここからは現在展開している事業&これから展開予定の事業を簡単に紹介していきます。

暗号通貨取引所(Revex)

Revex(レベックス)は2018年9月よりスタートした暗号通貨取引所です。

合計9種類のオーダー方法を使えるプロ仕様の取引所です。

一般的な暗号通貨取引所では3種類くらいの取引方法しか使えませんが、Revexでは9種類の取引方法を使用できます。

また、世界初ですが『あいおいニッセイ同和損保』が10億円まで保証する取引所です。

xGTをRevexに投資(ロック)したホルダーにはRevexの取引手数料が配当されます。

必要なロック期間は1ヵ月です。

関連記事:【xGT】Revex(レベックス)とは?世界初!損保会社の保証付き暗号通貨取引所!

オフショア銀行(BlissBank)

BlissBank(ブリスバンク)はCRS未加盟国(コモロ連合)に開設予定の暗号通貨対応のオフショア銀行です。

既に国際送金に必要なSWIFTコードを正式に取得しており2018年12月よりスタート予定です。

オフショア銀行でありながら

  • 日本に居ながら口座開設が可能
  • マルチカレンシー口座を持てる
  • 日本語対応
  • デビットカード出金

が可能で、最大の特徴はプライムローン運用によって定期預金の最大年利8%を予定しています。

xGTをBlissBankにロックしたホルダーにはBtoB(対企業)での利益の0.3%程度、BtoC(対個人)の利益の1%の分配が予想されています。

BlissBankの預金高が多くなればなるほど配当は大きくなることになります。

必要なロック期間は1年です。

関連記事:【xGT】BlissBank(ブリスバンク)とは?CRS未加盟オフショア銀行の全貌!

コピートレード(TredeBook)

TradeBook(トレードブック)は世界中のトレーダーと投資家をマッチングする金融サービスです。

2018年6月からスタートしています。

現在はビットコインFXのトレーダーをフォローすることでトレードをマネするコピートレードが可能です。

xGTをTradeBookにロックしたホルダーにはTradeBookの利用手数料の一部が配当されます。

必要なロック期間は1ヵ月です。

関連記事:Tradebook(トレードブック)の使い方!Revolletのコピートレード機能を使ってみよう

暗号通貨⇒法定通貨出金(Crypto to Cash)

Crypto to Cash(クリプト・トゥ・キャッシュ)はキャッシュカードなどの磁気カードを利用せずATMから暗号通貨を出金するサービスです。

暗号通貨デビットカードの先駆け的存在だったWaveCrestのMiles Paschini氏がジブラルタルに設立したB21とのジョイントベンチャーです。

まだ詳細は発表されていませんが、キャッシュアウトバウチャーを発行⇒ATMにPINナンバーを入力すれば暗号通貨をUSDベースで出金できるようになるようです。

カード不要で出金可能なセブン銀行の『スマホATM』が話題になりましたが、大きなATMの改修なく導入できるので、今後広まっていくのではないかと思っています。

Crypto to CashはスマホATMの暗号通貨版と言った感じです。

関連記事:【xGT】Crypto to Cashとは?RevolletからATMでカード無しで法定通貨を出金できる新サービス!

世界初の暗号通貨・フィアット対応のE-wallet

Revolletは口座内で

  • ドル
  • BTC
  • ETH
  • XRP

を瞬時にエクスチェンジ可能な世界初のマルチカレンシーウォレットです。

日本円・クレジットカードで入金可能

Revolletは暗号通貨だけでなく、銀行振り込みやクレジットカードでもチャージ可能です。

というか、最近は暗号通貨にどっぷりだったからスゴイように思えますが、これが普通かもしれませんね(^-^;

法人アカウントへのアップデートも可能です。

暗号通貨チャージ式プリペイドカード【R-Card】

R-Cardは暗号通貨(BTC及びETH)でチャージできるプリペイドカードです。

多くの暗号通貨系のプロジェクトがデビッドカードの発行に難航するなかで、Revolletはインターナショナルブランド付帯のデビッドカードを利用できます。

2018年11月より申込可能となります。

全国のATMで現地通貨を出金可能なほか、もちろんショッピングでも利用可能です。

サラリーマンの副収入を本気で考える!

ブログへの質問や、より踏み込んだ情報はLINE@にて!

ありがちな『毎月数百万円稼げる!』ような『ぶっ飛んだ話』は配信していません(^-^;

管理人自信もサラリーマンです。

等身大のサラリーマンが考える現実的な副業・副収入に関する情報

をテーマに発信しています。

-xGT(クロスゲートトークン)
-, ,

Copyright© サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.