アフィリ、暗号通貨、ファンド運用、せどり、ひと通りの副業を実践したサラリーマンの副業記

サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ

xGT(クロスゲートトークン)

【xGT】Crypto to Cashとは?RevolletからATMでカード無しで法定通貨を出金できる新サービス!

投稿日:

xGT & Revolletの新事業としてCrypto to Cash(クリプト・トゥ・キャッシュ)の概要が発表されました。

Cryotp to Cashは取引所や銀行を介さずにATMから暗号通貨を現金として出金できるサービスです。

暗号通貨の現金化、キャッシュアウトといえば2017年に暗号通貨デビットカードが話題になりましたが、VISAやMasterからの締め出しを食らって軒並み使えなくなってしまった苦い思い出があります(^-^;

僕もWirexカードを持っていたんですが突然使用できないアナウンスが入ってきてガックシ…だったわけですがCrypto to Cashはどうなんでしょうか?

個人的にはなかなか期待できる出金スキームなのではないかと思っています。

どうやってATMから出金するのか?

Crypto to Cashの売りは、磁気カードなどを使用することなくATMから暗号通貨を現金としてキャッシュアウトできることです。

『日本のATMはまだまだキャッシュカード等の磁気カードが無いと出金できない』イメージがありますが、日本でもセブン銀行の『スマホATM』のようにQRコード読み取りを活用することでキャッシュカードを使わずに出金できる仕組みがもう出来ています。

セブン銀行:スマホATMとは?

既存のATMの大きな改修無く導入できるので、全国24000台以上で利用できるそうです。今後も広まっていくのではないかと思っています。

Crypto to CashはスマホATMの暗号通貨版と言った感じです。

まだ詳細は発表されていませんが、キャッシュアウトバウチャーを発行⇒ATMにPINナンバーを入力すれば暗号通貨をUSDベースで出金できるようになるようです。

なぜ暗号通貨デビットカードが停止になったのか?

暗号通貨のキャッシュアウトと言えば、去年は暗号通貨でチャージできるデビットカードが話題になりました。

  • wirex
  • xapo
  • tenx

などなど。

僕もいくつか持っていたのですが、利用していた国際ブランドVISAのライセンスの問題で2017年10月15日付けでヨーロッパ居住者以外へのサービスを停止してしまいました。

軒並み使えなくなってしまったわけです。

なぜ軒並み使えなくなってしまったのかと言うと、wirex、xapo、tenxは自前でカードを発行していたのではなくてWavecrestというカード発行会社と提携してVISA付帯のカードを作っていたからです。

Wavecrestオフィシャルサイト

VISA付帯のカードを発行するにはVISAのライセンスを取得しなければいけないのですが、VISAが暗号通貨を締め出す形をとり、その後Master cardも続くように暗号通貨非対応となってしまいました。

WavecrestはTenx、Wirexなどの暗号通貨系新興企業向けのデビットカード発行の最大手でしたが、この対応によって多くの暗号通貨デビットカードがサービス停止となってしまいます。

WaveCrest⇒B21で新たな試み

VISA等の暗号通貨に対するこのような経緯もあり、WaveCrestのグループ社長だったMiles Paschini氏は、ジブラルタルにB21というベンチャー企業を設立します。

Miles Paschini氏は業界初の暗号通貨リンクのデビットカードを開発した人間でもあります。

彼は『従来のクレジットカード会社は暗号通貨の動きに抵抗している』と付け加えて、再び暗号通貨ウォレットとリアルタイムのペイアウトを結ぶ技術を開発し、消費者が暗号通貨資産を使用できるようにしようとしています。

関連記事(英語):Ex-WaveCrest head readies “crypto Wealthfront”

B21は独自でICOも行っていて、ファウンダーにはこのMiles Paschini氏の他、PaypalやFirst Americanなどの企業と関わりのあるNitin Agarwal氏など、フィンテック、暗号通貨サービスに精通したメンバーが名を連ねています。

Revolletで取り扱う『Crypto to Cash』はRev groupとB21のジョイントベンチャーのようです。

海外ですが提携に関する記事もいくつか見つけることができまいた。

*まだまだ情報が少ないので最新情報が手に入り次第更新していきます。

Crypto to Cash詳細

Crypto to Cashを利用&投資する場合はRevolletが必要です。

xGTホルダー(ロックした人)にはCrypto to Cashの利用手数料が配当されます。

同事業の展開についてですが

欧州は『B21』

東アジアは『Revollet』

が展開していくのではないかという予想です。

中東はロシアが来そう…という声も。

ロック(投資)について

  • 1口=3,500xGT
  • 募集口数=1000口

先行ロック、合同ロックも受け付けておりますので、LINE@よりお問い合わせください。

サラリーマンの副収入を本気で考える!

ブログへの質問や、より踏み込んだ情報はLINE@にて!

ありがちな『毎月数百万円稼げる!』ような『ぶっ飛んだ話』は配信していません(^-^;

管理人自信もサラリーマンです。

等身大のサラリーマンが考える現実的な副業・副収入に関する情報

をテーマに発信しています。

-xGT(クロスゲートトークン)

Copyright© サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.