アフィリ、暗号通貨、ファンド運用、せどり、ひと通りの副業を実践したサラリーマンの副業記

サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ

ICO

GoodGameCoin(G2C)とは?e-sports市場を狙う大型ICO!参加方法・正規レートは?

投稿日:2018-05-28 更新日:

GoodGameCoin(G2C)はこれから市場拡大が期待されるeスポーツの市場で、暗号通貨を媒介として『日本・中国・韓国』およびアジア全域共通のeSportsプラットフォームの構築を目指します。

『スポーツ』と言えば日本ではサッカーや野球などの身体を動かすスポーツを思い浮かべますが、そもそも『sport』という単語の意味には『楽しむ』とか『競技』という意味合いがあります。

eスポーツは『エレクトリック・スポーツ』の略でコンピュータゲームやインターネット大戦を『競技』として捉えています。

主なジャンルとして

  • シューティングゲーム(FPS)
  • マルチオンラインゲーム
  • 格闘ゲーム
  • スポーツゲーム
  • パズルゲーム
  • カードゲーム

以上のようなものです。

急拡大するEスポーツ市場

画像:Esports Operegions

現在、Eスポーツの大会では、巨万の賞金が出ているのを知っていますか?

最高峰のDota2という大会では、賞金総額が23億円、優勝賞金は10億1000万円にもなっています(2016年で!)

Eスポーツはパリ五輪でも採用が決まっているとも噂されていて、今後必ず伸びていく市場と言えます。

参考:海外取引所Binanceもe-Sports企業に出資!(英語要翻訳)

実はICOや仮想通貨の中にはEスポーツに目をつけている他のコインも多くありますが、G2Cの優位性は何でしょうか?

ゲーム系のコインは大抵のものが自国のみで流通させるだけの物が多いです。

G2Cはアジアから世界を見て作り込みをしており、それを成せるボードメンバーが集まっています。

そして、提携をきちんと進めていることもあり、インフルエンサーを使わず、証券会社や銀行の筋から情報が流れており、投資家が注目してお金を投げている状況です。

G2Cは提携が進めば、毎月使われる金額は他のゲーム系コインの比では無いと言われています。

世界のプロe-Sports選手を取り巻く環境

グローバルでのプロe-Sports選手を取り巻く環境をみてみましょう。

日本はゲーム強いのでは?と思ってる方もいらっしゃるかと思いますが、なんとランク外となっているのが現状です(^_^;)

プロ選手数:米国700名以上、韓国600名以上、中国非公開

代表的なプロチーム:SK Gaming、NoA

競技人口:1億人以上。(サッカーは2億6500万人、野球は3500万人)

→ League of Legends(著名なesportsゲームタイトル)のみで7000万人

賞金規模:総額1~27億

選手の年収:~2億7000万円

その他収入:所属チームからの給与、スポンサーシップ、寄付、映像配信量、イベント出演

強豪国:中国、米国、韓国、スウェーデン、カナダ、イギリス等

(出典:海外におけるオンラインゲームのブーム創出に関する調査 eスポーツ、平成28年度コンテンツ産業強化対策支援事業 (オンラインゲームの海外展開強化等に向けた調査事業))

FIFA団体もe-Sports部門を持っている!

スポーツの各種団体が競技選の指導や作戦などのノウハウを、espo競技にも活かせるのではないかとの思惑もあります。

ドイツのブンデスリーガ、イングランドのプレミアリーグなどFIFA団体の傘下にもe-sports部門を作っています。

また、中国のTENCENT(世界最大のゲームソフト開発メーカー)が、espoのスポンサリングに非常に積極的で、世界最大規模のespo大会を開催してたりします。

対する日本のe-Sports環境は?

プロ選手数:梅原大吾選手、東大卒プロゲーマーときど選手を筆頭に数十名程度

プロチーム:DetonatioN(給与制)、Detonator、Scarzなど

競技人口: 数万人

賞金規模: ~100万円前後(近年は高額賞金を出す大会も)

選手の年収:~1億円(注:他国での賞金やスポンサー料)

世界のe-Sports市場と比較すると日本はまだまだ後進国であることが見て取れますから、まだまだ将来性・可能性のある分野であると言えます。

G2Cトークン詳細

トークンネーム Good Game Coin(グッドゲームコイン)
トークンシンボル G2C
ICO規模 ハードキャップ450億円/ソフトキャップ225億円
縁故セール価格 1トークン=$0.008(0.8セント)
ICOセール価格 1トークン=$0.01
トークンセール価格 1トークン=$0.025
総発行枚数 45億枚
プロトコル ERC-20

ホワイトペーパーはこちら⇒G2C WP

縁故セール期間が最優遇レートで購入できます。

注目すべき点は

  1. ICOの規模→ハードキャップ450億円/ソフトキャップ225億円とかなりの規模のICOである点。
  2. ソフトキャップの225億円のうち、9割型が機関投資家、企業等への販売となっており、一般向けのセールは一部のみである点。
  3. 世界中のe-SPORTSの主要イベント運用会社やゲームメーカー、有名プロゲーマーとの提携が進んでおり、年内にプラットフォーム構築、上場を目指している点。

などなど。

最初は、単なるゲーム好きのオタク系coinなのかと思ってたのですが、e-SPORTSについて調べてみたら、とんでもなく巨額の資金が動いているビッグトレンドビジネスであることを知りました。

なにやら面白いことになりそうな予感がします!

縁故セール参加方法

まだ詳しい情報も少なく縁故セールも僅かな期間です。

ステップ①

まずは以下のサイトにアクセス。

 

http://io.goodgame-coin.com/

 

ステップ②

フォームに

  • 名前
  • メールアドレス

を入力。

支払をBTCかETHにするかを選択して、購入枚数(一番下の枠)に入力します。

最小購入枚数は100,000G2Cからです。

セールス中は1G2C=$0.008です。

逆算して枚数を入力しましょう。

 

ステップ③

GoodGameCoinからメールが届きます。送信が成功したという自動返信のお知らせが来ます。

 

ステップ④

「Payment is being confirmed」という件名でメールが届きます。

《About the record of tokens on my page》という見出しである様に

  1. 購入したG2C数
  2. G2Cとドルのレート
  3. KYC申請フォームURL
  4. 振込先BTCアドレス

等の情報が届きます。

内容を確認して、まずはKYCの申請からはじめましょう。

このメールが届いて48時間以内に送金が必要なので、KYCの処理をしてからは送金手続きを進めていきましょう。

 

ステップ⑤

ステップ④で来ているメール内にKYC(本人確認)のURLが届いているはずです。

アクセスして基本情報を記入&免許の写真を添付して送信します。

 

ステップ⑤


自動返信でKYCの完了メールが届きます。ここまで来たら残りは送金作業のみです。(ステップ4)で届いた GoodGameCoinからのメールを確認しましょう。

BTCかETHの送付先アドレスが届いていると思うので、 確認して、送金します。

その際に、ドルと送金するBTCのレートを調べておきます。

In case of BTC remittance

https://www.investing.com/crypto/bitcoin/btc-usd-converter

このサイトはBTCとドルのレートが確認できるサイトです。

ここで送金するBTC数を計算して、そのキャプチャをとっておきましょう。

例えば購入数が 100000 G2Cの場合なら、1G2C=$0.008なので、$800です。

上記の赤く囲まれた枠に800と入力すると送付するBTCの数字が割り出せますね。

  • 割り出したキャプチャ
  • ウォレットから送金した証明(キャプチャ)

を保存しておいてください。

送金後は以下2点をメール(token@goodgame-coin.com)に送れば手続きは終了です。
  1. BTCレートが分かるコンバーターのキャプチャ画面
  2. 送金履歴画面のキャプチャ画面

以下、運営側からの送金時の注意点です。(必読)

※送金手数料は参加者負担となります。

(送金時、送金額より手数料が引かれてしまう取引所や ウォレットがあります。その場合、送金額が不足してしまう可能性があるため送金前にご確認 ください。)

※レートのコンバーターの画面、送金履歴画面をスクリーンショットにて保存していただきますようお願い致します。

あとは上場を待つだけ。スケジュールはファンサイトのホワイトペーパーをチェックしてみましょう。

なお、G2Cコインの受け取りはMyEtherWalletが指定の様ですので、アカウントを持っていない方は予め作成をしておきましょう。

【申込後】

今後のスケジュールや情報を流すためにご連絡して行きますので、当ブログのLINE@(下のバナーから参加できます)にて申込された旨をお伝えください。

サラリーマンの副収入を本気で考える!

ブログへの質問や、より踏み込んだ情報はLINE@にて!

ありがちな『毎月数百万円稼げる!』ような『ぶっ飛んだ話』は配信していません(^-^;

管理人自信もサラリーマンです。

等身大のサラリーマンが考える現実的な副業・副収入に関する情報

をテーマに発信しています。

-ICO
-,

Copyright© サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.