アフィリ、暗号通貨、ファンド運用、せどり、ひと通りの副業を実践したサラリーマンの副業記

サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ

お勧めのトピックス

スワップ・アービトラージ
スワップ金利専門の海外ファンド。
相場のリスクを限りなく排除しローリスク・ミドルリターンの運用を目指します。

フィリピン不動産
フィリピン初の地下鉄『MEGA MANILA SUBWAY』の承認で不動産バブルが再燃しています。フィリピン不動産・コンドミニアムの視察ツアーを開催しています!

詳細はLINE@から気軽にお問い合わせください!

暗号通貨投資

【ビットコイン】マイニングの意味は?どんな仕組みになってるの?

投稿日:2017-01-10 更新日:

ビットコイン投資のなかでも『マイニング』は長期的なリターンを得られやすいと言われていますが、ただでさえ理解しにくいビットコインで『マイニング』と言われても意味がさっぱりわかりませんよね?

マイニングの意味を少し簡単にかみ砕いてまとめてみたので参考になれば幸いです。
[cc id=3404]

まずは『ブロックチェーン』の仕組みを知ろう

マイニングの仕組みを理解するには、ビットコインの管理の仕方を知っておく必要があります。

各国の中央銀行のような管理母体や特定の管理者がいないビットコインを支えているのが『ブロックチェーン』という分散型台帳技術です。

読んで字のごとくですが、『台帳をみんなで分散して持とうよ』という仕組みになっていて、台帳をビットコインを持っている全員が共有することで、お互いに監視し合い、非常に高い透明性、安全性を保っています。

最新版の家計簿を家族全員が持っている』と言えばイメージしやすいかもしれません。

『上書き保存』ではなく『新しいファイルに保存』

改竄できない台帳の連鎖『ブロックチェーン』

『台帳』というくらいなので、ビットコインのやり取りがあれば記帳していかなければいけません。

これは、PC上で1つの家計簿を編集して『上書き保存』するようなイメージではなくて、新しい取引を記録するたびに『新しい家計簿』を作って管理していくイメージです。

そして、『新しい家計簿』の作成には、前回使っていた家計簿で指定した『暗号』が必要になります。

その『暗号』は各ファイル独自のもので、ファイルの内容によって変わってしまうので、過去の記録を改ざんしようとしたら以降に続く家計簿をすべて改ざんしなければいけません。

しかも、そのデータはビットコインの所有者全員で監視しているのでデータの改ざんが極めて難しくなります。

例えば、お父さんが自分のへそくり残高を改ざんしようと思っても、今までの家計簿を家族全員が持っているので改ざんできなくなっているというイメージに近いです。

このように『改ざんできない台帳』が『連なっている』というイメージからブロックチェーンと名付けられたそうです。

台帳に記録する=マイニング

ビットコインの取引は現在のところ10分に1度のペースで記録されていく仕組みになっていて、『1回分の記帳』=『1ブロック』と呼ばれています。

ビットコインは管理母体がいないと説明しましたが、ブロック生成すらも公募で行われます。

しかし、ブロック作成には膨大な計算が必要なほか、無償では誰もやってくれないので、計算してくれた人に12.5ビットコインが支払われることになっています。これは新規に発行されたビットコインであり、この12.5ビットコインを狙いに行くのがマイニングです。

例えるなら、『ウチの家計簿、誰か記帳してくれない?記帳してくれた人に12.5万円あげるから』という感じです。

マイニングは早い者勝ち

マイニングの主役はスパコン

ブロック計算は公募されているので誰でも参入できますが、採用されるブロックは1つのみです。

複数の応募でブロックがダブってはいけませんし、不正確なものであってはいけませんから当然ですよね?

なので、

  • 一番計算が早かった人
  • 同着なら1メガバイト以内でファイルが大きかった人

のブロック計算が採用され、ビットコインが支払われることになっています。

現在のところ、ブロック生成の競争はコンピューターの性能に物を言わせた早い者勝ちになっています。

昔は自宅のパソコンでもマイニングができたそうですが、現在はビットコインの価値が高騰していることもあって競争が激化しているためスパコンクラスのコンピュータがなければ計算競争に勝てません。

18~20のマイニングプールで競われています

激化するマイニング競争

ただ、ブロック生成の計算は暗号計算に似たようなものなので、必ずしも計算力No.1のコンピュータが勝つわけではなく、一定水準以上の計算力があれば数%のシェアを獲得することが可能です。

ただし、ビットコインの価値が年々高騰してきているので、マイニング競争は年々激化しています。

ブロック作成の99.9%をたった18~20のチームで争っているのが現状です。設備投資も積極的に行われていますが、シャア競争について行けなければ淘汰されていくはずです。

電気代が馬鹿になりません

自宅のラップトップパソコンで計算するくらいなら電気代を気にする必要はありませんが、スパコンで計算するとなると電気代が馬鹿にならなくなってきます。

スパコンを走らせるための電気代の他、熱暴走を防ぐための冷却装置やエアコン代が高くなり、獲得したビットコインでランニングコストをペイできなくなればマイニング事業は破綻します。

なので現在では夏場も涼しい北欧などの寒冷地や、電気代が安く治安の安定しているアフリカの離島などにマイニング工場を建設し計算が行われています。

残りの発行量が決まっています

マイニングについて嚙み砕いて説明してきましたが、どうでしたか?

こうしている今も壮絶なマイニング競争が繰り広げられていますが、実はビットコインは実際のお金のように発行され続けることはなく、総発行量が予め決まっています。

総発行量は2100万ビットコインと決まっていて、2017年現在で約1600万ビットコインが発行済みで、残りの500万ビットコインを2140年までに奪い合うことになっています。

この様子が『埋蔵量』が決まっている『金』を争って『採掘』していることに似ているため『マイニング(採掘)』と名付けられたと言われています。

サラリーマンの副収入を本気で考える!

ブログへの質問や、より踏み込んだ情報はLINE@にて!

ありがちな『毎月数百万円稼げる!』ような『ぶっ飛んだ話』は配信していません(^-^;

管理人自信もサラリーマンです。

等身大のサラリーマンが考える現実的な副業・副収入に関する情報

をテーマに発信しています。

-暗号通貨投資
-

Copyright© サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.