富山県民はJALかANAか
クレジットカードでマイルを貯めたいな~って人は多いでしょう。

旅行費でかなりのウェイトを占める航空チケット代がタダになるわけですから、旅行好きにとってはこの上ない特典です。

しかし、いざ作ろうとすると

  • JALカード
  • ANAカード

どっちにしたら良いかなと迷うのでは?

私は富山県民ですが、JALカードを使っています。

いちおう、いろいろな判断材料があったうえでJALカードにしているので、富山県民の私がなぜJALカードにしたのかをまとめていこうと思います。

相当ニッチな話題だと思いますがね~

エネオスをよく使う

富山県って車社会ですよね~

プライベートでも仕事でも、どこに行くにも車が無ければ話にならないわけです。

そうなると毎月固定費のように掛かってくるのが『ガソリン代』ではないでしょうか。

JALもANAも指定のガソリンスタンド(エネオスとかシェルとか)を使えばマイルを効率的に貯めることができるので、この特典を使うか使わないかでマイルの貯まりが大きく変わってくるのではないかと思います。

JALカードならショッピングマイル・プレミアムに入会していればエネオスで100円=2マイル(いつもは100円=1マイル)で効率的に貯まっていきます。

ANAカードは現在のところエネオスで100円=1マイル、出光で200円=1マイルなので、ちょっと見劣りします。

私の近所にはエネオスが多いし、富山県ってエネオスが多い気がするのでガソリン代の決済についてはJALカードが優勢かなって思います。

沖縄好き?北海道好き?

富山県民でJALカードかANAカードかで迷ったら、沖縄が好きか北海道が好きかで決めても良いでしょう。

富山空港からは新千歳国際空港への直行便(ANA)が出ています。

また、90分ほど高速を走れば石川県の小松空港からは那覇空港への直行便(JAL)に乗ることもできます。

田舎のくせに直行便で北海道と沖縄に行ける空港が近くに揃っているなんて富山県民はラッキーだと思います。

しかし、当然ですがJALのマイルはJALで、ANAのマイルはANAでしか使えません。

JALのマイルをいくら貯めても富山空港の千歳便に引き換えることはできませんし、逆にANAのマイルを貯めても小松から沖縄に行くことはできません。

一応、コンバートできるみたいですがレートが悪くなるのは当然ですよね。

私は沖縄に行きたいなと思ったのでJALカードにしました。

北海道に行きたいならANAカード一択ですね。

石垣島に行きたいなら?

『沖縄に行ってきた』といっても、那覇に行くのと離島に行くのとでは大違いです。

『沖縄本島は行ったことあるからな~今度は離島めぐりがしたいんだけど~』

と言う人も居るでしょう。

富山からアクセス圏内の主要空港としては中部国際空港関西国際空港がありますが、それぞれ石垣島への直行便が出ています。

関西国際空港がJAL便

中部国際空港がANA便

です。

富山から関空へは車で5時間、空部へは車で4時間ほどなので、移動費を考えるとANAカードの方が割安で石垣島に行けるのかも。

どんだけ使えば沖縄まで行けるの?

当たり前ですが、クレジットカードを持っているだけではマイルは貯まりません。

ちゃんと使わないとダメですし、普通のグレードのカードならマイル有効期限は3年なので、3年以内に一定以上の金額を使わなければいけません。

ちなみに私の使っているJALカードでは、小松ー那覇の往復チケットを15000マイルで交換することができます。

単純計算で100円=1マイルですから、3年間で累計150万円を使わなければいけません。

1人で行っては嫁に殺されてしまうので、2人で行く場合は3年間で累計300万円を使う計算になります。

『3年間で300万円!?そんなの無理でしょ!』

と思うかもしれませんが余裕です

300÷12ヶ月÷3年=8万3333円/月

になりますから、夫婦2人なら

  • 食費5万円
  • ガソリン代1万円
  • スマホ代1万円
  • 生命保険
  • 生活消耗品

などなど、ざっと出てくるだけでもこれらの支払いをクレジットやればば月9~10万くらいは行くはずです。

一般的な夫婦なら普通に生活しているだけで3年以内に沖縄や北海道行きのマイルが貯まるわけですね~

問題は、ANAなのかJALなのかだけで、この記事を参考にしていただければ幸いです。

クレジットカード使いましょう。