3d276c53dad21067b53d144c8a8f2e06_s

マイルが貯まるクレジットカードを作る時、JALカードが良いかANAカードが良いのか迷う事がありますよね。

でも、結果から言うと最寄りの空港がANAメインだったら迷わずANAカードを作った方が良いと思います。

私は小松空港発の沖縄行きJAL便に乗りたいがためにJALカードを作っちゃったんですよね~

それはそれで別に良いんですが、アフィリエイトが軌道に乗ってきてお金の回りが良くなってくると、マイルの貯まりが半端じゃなくなってきます。

とっくに沖縄旅行分のマイルが貯まってしまっているのに、このままJALカードを使い続けると処理できないくらいのマイルが貯まってしまいます。

そこで、遅ればせながらANAカードも作ることを決意。

まぁ決意というほどの迷いもなかったんですが、備忘録的に富山でANAカードを作るメリットをまとめておこうと思います。

行き先が多い

まず何と言っても富山ならマイルを特典航空券に交換しやすいことでしょう。

富山から90分以内でアクセスできる空港は

  • 富山きときと空港
  • 小松空港

の2つ。

それぞれANA便が複数発着しています。

富山空港だけだと新千歳と羽田にしか行けないので心もとないですが、小松も含めるとかなり選択肢が広がります。

成田⇒羽田間の移動が60分以上かかるので、富山⇒小松間の移動もそれくらいの感覚でできちゃいますよね。

国内線

  • 新千歳(富山・小松)
  • 羽田(富山・小松)
  • 成田(小松)
  • 仙台(小松)
  • 福岡(小松)

意外にいろいろ行けちゃいますよね。

九州や北海道に旅行しようとしたら飛行機じゃないと時間が掛かって仕方がないですが、その決済にANAマイルを使えるなんて便利ですよね。

国際線

  • 台北(小松)

国際線は台北への直通便だけですが、東京でトランジットすれば世界各国どこでも行けます。

羽田、成田のどちらへもANA便が出てるのでマイルを使いやすい&貯めやすいはずです。

東京行がANA便ってのは大きいですよ。

国内外問わず富山在住で飛行機旅行が多いならANAカード一択と言えるでしょう。

行き先が多いと年中マイルを使える

富山でJALのマイルを使おうとすると小松からの沖縄一択ですが、沖縄に行きたい季節・行ける季節も限られてると思うんですよ。

盆休み・GW・年末年始などの繁盛期はそもそも特典航空券に交換できない期間なので駄目なんですよね。

だったらいつなのかと言うと…

7~9月は台風が心配。10~2月はせっかくの沖縄なのに夏っぽくない(ダイビングは良いけど)ので個人的には微妙な季節です。

となるとJALマイルを沖縄航空券に替えるなら3~5月しか選択肢が無いんですよね。

しかも3月は卒業旅行と被って混んでウザい…

となると、私がマイルで沖縄に行こうと思う季節って4~5月に限られちゃうんですよ。

マイルの有効期限は3年ありますが、実質マイルを使うチャンスが年1回ってなっちゃうわけです。3年間で3回しかチャンスが無い。

これは使い難いですよ。

対して、ANAマイルだと行き先が北海道から九州まで選択肢が広いので季節を選ばずにマイルを交換することができます。

『春の冬の九州がダメだったら夏の北海道に行こう、ダメなら秋の仙台に行こう』

みたいに、1年中マイルを交換するチャンスがあるのは大きなメリットだと思います。