10000pv/日を突破

PRIDEノウハウで更新し続けていたブログがついに

1日10000PV

を達成しました。

このブログはGoogle Adsenseで収益を上げることを目的に作ったトレンドアフィリエイトブログのなかのひとつ。

(合計5つ持っている中のメインブログです)

2014年11月に立ち上げてから10000PVを達成するまで約13ヶ月。

このペースが遅いのか早いのかは分かりませんが、ひとまず10000PVという区切りの良い大台に乗ったことが嬉しい限り。

コツコツ継続してきた努力が実った想いです。

このPVでいくらくらい稼げるのかは、クリック率やクリック単価をググってみてください笑

さて、このブログではサラリーマンの副業としてアフィリエイトを勧めてますが、その中でも初心者が収益を上げやすいGoogle Adsenseから始めることが断然おススメです。

これからアフィリエイトを始めようとする方も居ると思うので、ここまでの流れや秘訣をザックリとまとめていこうと思います。

まずは自分で書いてみる

このメインブログは記事のほとんどを自分で書いています。

他にもあるブログは外注をふんだんに活用していて、ある意味もう私の手は離れている状態です。

外注って本当に便利で、優秀なライターさんに出会いさえすれば自分の不得意な分野でも驚きのクオリティで記事を納品してくださいます。

でも、これって

自分がちゃんとした記事を書けるようになったから出来ること

だと思うんですよ。

自分で記事が書けないのに、外注ライターさんに的確な指示や依頼を出せるわけがありませんから。

あるノウハウには『初めから外注を使って記事を量産しましょう』みたいなことを勧めるモノもありますが、私はちょっとリスキーかなと思います。

利益の上がっていないうちに外注費だけがかさんでいくことはモチベーション維持のうえでも良くありません。

よほどセンスがあればOKですけど。

自分の実力をあまり自分を過信しないほうが良いです。

積極的に季節ネタにチャレンジする

季節ネタは積極的に狙う

1年の中にはさまざまなイベントや節目がありますが、こういった『季節ネタ』ってかなりの検索ボリュームがあるんですよ。

皆さんも『クリスマス プレゼント』なんて検索したりしませんか?

オーソドックスな季節ネタを年始から挙げていくと

  • 正月
  • バレンタインデー
  • ホワイトデー
  • 花見
  • ゴールデンウィーク
  • 梅雨
  • 夏休み
  • ハロウィン
  • 紅葉
  • クリスマス
  • 年越し

1年はこのように定番の季節ネタが次々と巡ってきます。

へー!じゃあ『クリスマス プレゼント』で記事を書けば儲かるのか!

と思って安易に飛びついても、稼げることは稀です…

なぜなら、こんな誰でも思いつくようなキーワードは、既に大手企業やモンスターブロガーが記事を仕込んでいて、後から初心者が乗り込んでもへヴィ級ボクサーと正面から殴り合うも同然。

到底勝ち目はありません。

しかし、です。

だからと言って季節ネタをスルーしてしまうのは余りにも勿体ない。

どんな強大な相手でも、全ての検索ワードを独占できるわけではないので、その『隙間』を狙いに行きます。

そもそもの需要が大きなキーワードなので、上手く当たれば結構なPVを稼いでくれます。

私は積極的に大きな季節ワードの隙間を狙いにいきました。

季節ネタを狙いに行く

PVの推移でみるところの赤い〇が当たったところ。

見るからにPVが跳ね上がっているところです。

(この隙間を狙うことこそがノウハウと言えるところですが)

モチベーションを保つ努力をする

アフィリエイトって儲からないうちは精神的に辛いです。

果たして稼げるのか、ひょっとして騙されたんじゃないのか…なんて余計なことが頭をグルグル回ります。

PVのグラフをみてもらえば分かりますが、2014年の11月から2015年3月上旬にかけてはPVがほぼ0~100前後の時期です。

とっても精神的に辛い時期でした。

ただ、そこで諦めてはダメなんです。

アフィリエイト(ブログ)は続ければ続けるほど有利になると言われるとおり、開設したてのブログはe検索エンジンの評価も低く、なかなか検索流入が増えません。

なので最初の頃に書いた記事は陽の目を見ずにネットの海に沈んでしまうことも多いです。

ただ、完全に無駄なわけではなく着実にブログの血となり肉となり、ブログの評価を育ててくれます。

アフィリエイトは辛い時に諦めず続けた人間だけが本当の陽の目をみることのできる恐ろしく堅実な世界だったりします。

だからこそ、モチベーションの維持が大切です。

なぜ稼ぎたいのか

なぜ副業が必要なのか

いくら稼がなきゃ生活できないのか

私の場合は動機を明確にしてモチベーションを保つように努力しました。

『読者にとって有益か』を常に考える

アフィリエイターが記事を書くうえで意識すべきなのは

読者にとって有益な記事になっているか

です。

つまり、読者が記事を読んで

  • 新しい情報を手に入れられた
  • 分からなかったことが理解できた
  • 迷っていたけど決断できた
  • 心配だった悩みが解決した

というようなメリットを享受できなけらば、いくら5時間かけて数千文字の記事を書いたところで全て読まれることなく数秒でウィンドウを閉じられてしまいます。

すぐウィンドウを閉じられるようなブログは、ページ滞在時間が短いので検索エンジンの評価も下がりPVも上がらなくなります。

なので、読者にとってメリットのある記事を書かなければいけないんです。

でも、これって当たり前のようで本当に難しいんですよ…

読者にとって有益な記事を書けと言われても、そもそも読者がどんな人かを知らなければ雲を掴むようなものです。

当然、これも数を熟していくうちに修得できるノウハウです。

私はまず読者がどんな人かを思い浮かべて記事を書き、そして書き終わったら読者のつもりで記事を何度も読み返しました。

そうなれば、もっと知りたい事や足りない部分が見えてきて最終的に価値のあるものに仕上がっていきます。

最初はかなり時間かかりますよ

それこそ1記事5時間なんてザラでした。

ただ、これが回り道のようで自分の力量を上げる最短ルートだったなと今では思います。

作業を時給換算しない

30代にして手取り15万、小遣いゼロの社内ニートに

 

さっき1記事5時間掛かったと言いましたが、いくら記事作成に時間が掛かっても、その作業を時給換算しないことです。

例えば、アフィリエイトを実践1ヶ月目。

1記事5時間かけて月に20記事アップし、その月の収益が500円だったとします。

もしこれを時給換算すると?

500円÷20記事÷5時間=5円

労働基準局も真っ青な結果になります。

この結果を受けて、来月もアフィリエイトを続けようと思いますか?思いませんよね?直ぐにでも辞めたくなります。

ただ、勘違いしてほしくないのはアフィリエイトは単純時間労働ではありません

単純時間労働と言えばアルバイト。

私も最初の副業はコンビニでのアルバイトでしたが、コンビニなら時給800円くらいでした。

1時間バイトすれば800円。

100時間もかけた1ヶ月目のアフィリエイト収入の500円を簡単に超えてしまいます。

ただ、アルバイトは自分が働いていなければ収入になりません。

一方のアフィリエイトは自分が寝ていても、鼻くそをほじっていても、極端な話死んでいても、書いた記事は24時間365日働いて稼いでくれます。

5時間かけて書いた1記事が、毎月安定して1万円稼いでくれる記事に化けることだって十分にあります。

なので寝ていても稼いでくれる記事を作る作業を、自分の時間を切り売りする時間労働として天秤に掛けるのはナンセンスです。

今後はどうする?

メインのトレンドアフィリエイトブログが10000PV/日を達成しましたが、今後は瞬間的にではなく安定して10000PVを保っていかなければいけません。

季節ネタに頼り切っているわけではありませんが、やはり季節が過ぎるとグイッとPVが落ちる傾向もあるので、手薄になる部分は時間を掛けて補って行きたいですね。

あと、メインの他にも育てている『特化ブログ』。

これは私が独自にPRIDEノウハウにアレンジを加えたもの。

ほとんど外注ライターさんで作っているので、それでもメインブログと同じように稼げるものになるのか…?運営状況については追って紹介できたらと思います。