アフィリ、暗号通貨、ファンド運用、せどり、ひと通りの副業を実践したサラリーマンの副業記

サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ

お勧めのトピックス

スワップ・アービトラージ
スワップ金利専門の海外ファンド。
相場のリスクを限りなく排除しローリスク・ミドルリターンの運用を目指します。

フィリピン不動産
フィリピン初の地下鉄『MEGA MANILA SUBWAY』の承認で不動産バブルが再燃しています。フィリピン不動産・コンドミニアムの視察ツアーを開催しています!

詳細はLINE@から気軽にお問い合わせください!



アフィリエイト

【季節系トレンドアフィリエイトは稼げない?】初心者が失敗してしまう原因とは?

投稿日:2018-08-07 更新日:

季節系のトレンドアフィリエイトはアフィリエイトの中では一番簡単で初心者向けと言われるジャンルですが、2~3年前に比べると『難易度が凄く上がったな』という印象を受けます。

実際に僕の周りには雑学系・季節系のトレンドアフィリエイトを始めた知人が数人いるのですが数カ月・数十記事書いてもなかなか成果に結びつかず稼げていない人が結構居ます。

この記事では、なぜ初心者がトレンドアフィリエイトで稼げないのか?をテーマにその原因と対策をまとめていこうと思います。

こんな人に読んでほしい

  • これから季節系トレンドアフィリエイトを始めようと思う人
  • 既に取り組んでいるが成果が出ていない初心者の人

季節系トレンドアフィリエイトで稼いでいくには作業量はもちろんですがキーワードの選び方や切り口の変え方などのコツがあるので、その辺りも解説していきます。

季節系トレンドアフィリエイトとは?

まずは季節系トレンドアフィリエイトについて簡単に解説しておきます。

季節系トレンドアフィリエイトは『季節が来ると検索ボリュームが増えるキーワード』を狙って、検索されるであろう時期の2~3カ月前に記事を仕込んでおく手法です。

例えば『諏訪湖 花火』のようなキーワードですが

Google Trendsで検索ボリュームの動向を調べてみると毎年7月~8月になると爆発的な検索ボリュームになるのが分かります。

ということは『諏訪湖 花火』のキーワードで上位を取れる記事を書ければ毎年この時期にアクセスを集めることができるようになります。

季節系トレンドアフィリエイトは『毎年検索される』=『季節に強く依存するキーワード』をテーマにした記事を年間を通して大量に仕込んでいきます。

春は『桜』

夏は『花火』

秋は『紅葉』

冬は『クリスマス』

これらのビッグキーワードを基軸に、関連キーワードを含んだ記事をローラー作戦のように仕込んでいきます。

一つ一つの記事は年1回しか当たりませんが、それぞれの記事がアクセスを集められれば1年間を通して安定的に収益を上げることができます。

情報商材の中には『資産型ブログ』として紹介しているものもあります。

なぜ季節系トレンドアフィリエイトが稼げなくなったのか?

季節系トレンドアフィリエイトは主にGoogle Adsenseで収益化をしますので

稼げない=PVが集まらない

こととほぼ同じと考えて良いです。

なのでココからは、なぜ初心者が季節系トレンドアフィリエイトでPVが稼げなくなってきたのかを解説していきます。

理由その①そもそもGoogle Adsenseの審査が通らなくなった

Google AdsenseはPVさえ稼げれば確率論で収益化ができるので初心者としては何としても審査を通しておきたい広告主です。

サーバーとドメインを借りて、数記事書いて、Google Adsenseに申請を出して、審査が通ったらアフィリエイターデビュー!!というのが誰もが歩むルートだったのですが、最近ではその審査が非常に厳しくなって認可が下り難くなっています。

僕がアフィリエイトを始めたころ(3年前)は10記事ほど日記(非営利な捨て記事)を書いてから申請すればほぼ審査に通ってましたが、僕の知人は季節系トレンドアフィリエイト用の記事を30記事以上書いてもGoogle Adsenseの審査に落ちています。

Google Adsenseの審査は落ちても明確な理由を知らせてはくれませんので『何がダメだったのか』は推察するしかありませんが、僕が思いつく理由はただ一つで

コンテンツが被る(似たような)ブログが大量にある

ことだと思います。

例えば、夏に思いつくキーワードとして『夏休み いつから』と検索してみてください。

見てみてください。

どれも同じようなタイトルのトレンドアフィリエイトブログがズラリならんでいます。

つまり季節系トレンドアフィリエイトのブログは飽和状態なのです。

なのに初心者はなかなか記事を書くキーワードが思い浮かばず、どうしても『夏休み いつから』のような誰でも思いつくキーワードで記事を書くことになります。(仕方がないですが)

ところがGoogleからしてみれば同じようなコンテンツが既に大量に掃いて捨てる星の数ほどあるわけなので、そんなブログを新たに申請してもコピーコンテンツと見なされて落としているのではないかと考えられます。

合格基準が分からないので対策をいくら語っても推測の域を出ないのですが

季節系トレンドアフィリエイトで稼げない理由とGoogle Adsenseの審査が通らないことは因果関係が強い

と考えているので何か気付きがあればと思います。

理由その②『内容が薄くなるキーワード』を選んでいるから

初心者がよくやってしまうキーワード選定の失敗に

初めから内容が薄くなるのが分かっているキーワードを選んでしまう

ことがあります。

たとえば、『夏休み いつから』というキーワード。

確かに季節に依存するキーワードなので書いても良いんですが、あなたはこのキーワードで記事を書くとしたら、どんなコンテンツを詰め込みますか?

せいぜい

  1. 地域別の違い
  2. 年齢(学年)による違い

くらいではないですか?

検索している人間の意図としては『自分の息子の夏休みがいつから始まるかを知りたい』と言うそれ1点であって、これくらい補足すれば事足ります。

しかし実際に検索して引っかかる記事を読んでみてください。

  • 始業式とは何か
  • 夏休みを決めているのは誰か
  • 先生はどうしてるのか?

ぶっちゃけ読み手にとってどうでも良い内容を詰め込んだ文字数の殴り合いを前提とした記事ばかりです。

こんなところにドメインパワーも弱く、記事内容もたどたどしい初心者がリングインしても1RでKOされてしまいアクセスが集まりません。

なので、書く前から

  • 内容がペラペラになるだろう
  • 無理やり文字数を盛る羽目になるだろう

と思われるキーワードには敬遠しましょう。

どうしても書きたいなら書いても良いですが、その他大勢の大量にあるサイトと似たり寄ったりしてしまうので『コピーコンテンツ』と判断されるリスクもあります。

独自性や個性を強く出したり、『キーワードのずらす』ことでトップサイトと殴り合いにならないようにする必要があります。

理由その③企業がアフィリエイトに参入してきたから

初心者がトレンドアフィリエイトで稼げなくなった理由のひとつに強力なドメインパワーを持つ企業が参入してきたことも挙げられます。

例えば夏のキーワードとして『自由研究1年生』と検索してみてください。

これも誰でも思いつくので、初心者が挙って群がるキーワードだったのですが…

ご覧のとおり、検索結果に大手のサイトが並ぶようになりました。

1位は小学館、2位はなんと自動車のHONDA、3位にようやく子育て系の特化ブログが入ります。

アフィリエイトへの企業参入と言えばDeNAのWelqに代表される8000文字超えのクソ記事まとめサイト(キュレーションサイト)を量産して自爆したのが有名ですが、やはりアフィリエイトは利益率が高いので儲かるというのが企業に認識されたんでしょうね(^-^;

正直これでは『自由研究 1年生』のキーワードで記事を書いても1位は取れないと思います。

企業は『正統派』の記事しか書けないのでチャンスはある

大企業サイトに対抗するには、文字数や正攻法で殴りあっても到底勝てません。

ではどうやったら良いのか?

さきほどの『自由研究 1年生』のキーワードで書かれている小学館やHONDAの記事を読んでみましょう。

凄い、確かに凄くて模範解答なんですが、天邪鬼な僕から言わせてみると

優等生みたいなツマラナイことばかり書きやがって(笑)

と思ってしまうんですよね。

果たして、こんな模範解答ばかりが求められているでしょうか?

小学生や親の中には

正統派ではない意見

『1日で終わらせたい』

『とりあえず金を掛けたくない』

『簡単な割に評価が高い』

といった属性の考えを持った人が絶対に居ます。

というか、自由研究なんか面倒くさいんだからいかにコスパ良く終わらせるかじゃないですか?

なに優等生ぶってんだよって思っちゃいます。

そう言った感じで、大手や個性を出さないブログが書かないであろうキーワードで記事けばいいんです。

もし小学館がこんなキーワードで書いていたら、PTAから避難殺到のはずです(笑)

*記事にする予定です。

理由その④季節系トレンドアフィリにしては作業量が圧倒的に少ない

冒頭のトレンドアフィリエイトの説明で『諏訪湖 花火』の検索ボリュームを見せたとおり、季節系のキーワードで書いた記事が活躍してくれるの年に1回だけです。

だからこそ季節系トレンドアフィリで稼ぎたいのであれば作業量によるローラー作戦が最も重要になります。

なのに8月に向けて書いた記事が1記事だけだったらどうなりますか?

その記事が上位表示されなければ8月の収益はゼロです(^_^;)

僕は副業ながら季節系トレンドアフィリブログを運営して月間60万PVでGoogle Adsenseだけ月20万円以上を稼いでいましたが1年間ずっと月に最低でも20記事はアップし続けました。

↑その時の画像です(見積収益を乗せちゃうと規約違反なので塗りつぶしてますが、6桁なのは確認できます。)

ぶっちゃけ苦行です。

ひと月に20記事ですから、サラリーマンの稼働日が月20~22日とすると同じくらいの稼働日になりますね。

でも、苦行の達成者である僕から言わせてみれば、このくらいの作業量を熟せなければ季節系トレンドアフィリエイトで稼ぐことは厳しいと思います。

季節系トレンドアフィリエイトのライバルは『主婦』

季節系トレンドアフィリエイトで活躍しているのは『主婦』です。

専業アフィリエイターも多いのかと思ったりしたのですが、彼らはGoogle Adsenseでトレンドをやるより成果型ASPで特化ブログをやったほうが儲かるので、やはり主婦が多いです。

彼女たちは日中の時間を使ってターミネーターのように毎日毎日記事をアップしてきます。

同じような作業量を熟せとは言いませんが、これに関しては副業アフィリエイターの誰もが通る道なので『頑張って食いついていけ』と言うしか無いのです。

僕は彼女たちと渡り合うために『日中の時間を有効利用する』ことでアフィリエイトの作業効率をグンとUPさせていました。

【アフィリエイト作業効率化!】副業ブロガーは日中の空き時間を有効活用すべし!

副業アフィリエイターにはすごく役に立つと思うのでどうぞ参考に。

まとめ:『ノーガードの殴り合い』にならないように

季節系トレンドアフィリエイトで稼げない・稼げていない人には共感した部分もあったのではないでしょうか?

駆け出しの初心者の頃はキーワードを絞り出すのも酷ですが、だからこそキーワードは大切に。

注意ポイント

  • そもそも内容の薄いキーワードを選んでいないか?
  • 結局、企業や正統派な記事のリライトになっていないか?

という点には特に気を付けるようにしましょう。

あと、やっぱり『戦いは数だよ兄貴!!

とドズル中将閣下が仰るように、副業であったとしても月20記事は上げたいものですね。

頑張りましょう!!

サラリーマンの副収入を本気で考える!

ブログへの質問や、より踏み込んだ情報はLINE@にて!

ありがちな『毎月数百万円稼げる!』ような『ぶっ飛んだ話』は配信していません(^-^;

管理人自信もサラリーマンです。

等身大のサラリーマンが考える現実的な副業・副収入に関する情報

をテーマに発信しています。

-アフィリエイト

Copyright© サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.