アフィリ、暗号通貨、ファンド運用、せどり、ひと通りの副業を実践したサラリーマンの副業記

サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ

お勧めのトピックス

スワップ・アービトラージ
スワップ金利専門の海外ファンド。
相場のリスクを限りなく排除しローリスク・ミドルリターンの運用を目指します。

フィリピン不動産
フィリピン初の地下鉄『MEGA MANILA SUBWAY』の承認で不動産バブルが再燃しています。フィリピン不動産・コンドミニアムの視察ツアーを開催しています!

詳細はLINE@から気軽にお問い合わせください!

アフィリエイト 個人事業主&確定申告

【初心者向け】アフィリエイトの確定申告!勘定科目や仕分けの実例を紹介!

投稿日:2018-09-16 更新日:

副業をしている人は年間の収入が20万円を超えたら確定申告をする必要があります。

アフィリエイトで年間20万円は意外にハードルが低いし、ブログ運営が軌道に乗ってくると収益も加速度的に増えていくので月1万円を稼ぐようになったら確定申告を本気で意識したほうが良いです。

初心者でも無関係な顔してると後で慌てますよ!

確定申告は税理士さんに丸投げしても良いですが、それだと手数料で20万円は取られてしまうので大抵は会計ソフトを使って自分で確定申告をします。

でも、簿記でもやってない限り『収入と支出の仕分け』でめちゃくちゃ悩むんですよね。僕も駆け出しの頃は勘定科目とか品目とか見ているだけで頭が痛くなったものです(笑)

そこで、この記事では

こんな方に読んでほしい

  • 初めて確定申告をするアフィリエイター/ブロガー
  • アフィリエイト関連の勘定科目が分からない人!

人を対象に、

  • 勘定科目と品目の違い
  • 実際の仕分け例

を紹介していきます。

クラウド会計ソフト『freee(フリー)』 を使った例を挙げていますが、どの会計ソフトでも勘定科目や仕分けは変わらないと思うので参考になると思います。

勘定科目と品目の違い

確定申告とは『何でいくら儲かったか』、『何に経費を使ったか』をまとめて税務署に報告することです。

(ざっくりとした説明ですが間違ってはいないと思います。)

なので、確定申告をするにはアドセンスやASPなどから入ってくるアフィリエイト収入や、サーバーやドメインに支払った経費を日頃から勘定科目別に仕分けておく必要があります。

勘定科目って何?

勘定科目は収支を仕分ける際の一番大きなグループ分けのことで、ブログ記事に当てはめると『カテゴリー』みたいに覚えておくと分かりやすいと思います。

勘定科目は複式簿記のルールによって項目が決められているため、どの会計ソフトを使っていたとしても表記に大きな違いは無いのですが、数十項目にも及ぶので初めて仕分けを行うと訳が分からなくなります。

しかし、アフィリエイターやブロガーに関係のある勘定科目は数種類しかありませんので思っているほど難しくありません。

アフィリエイト関係で使う勘定科目は数種類しかない

僕が実際の仕分けで使っているのは

  • 売上高(アフィリエイト収入)
  • 通信費(ネット・スマホ料金)
  • 旅費交通費(セミナー・サロンの旅費関係)
  • 一括償却資産(10万円以上のパソコン)
  • 地代家賃(アパート・事務所賃料)
  • 新聞図書費(有料Noteなど)
  • 消耗品費(事務用品など)
  • 支払手数料(事業用カード年会費など)

このあたりです。

思ったよりも少ないでしょ?全然難しくはありませんので安心してください。

気付いた方も多いと思いますが『収入』に関する勘定科目は『売上高』のみであり、経費と認められる可能性のある支出関係の方が細かく仕分ける必要があります

勘定科目とは?

  • 勘定科目とは一番大きな収支のカテゴリー分けのこと。
  • アフィリエイトの収入は『売上高』に仕分けられる。
  • 収入より支出の方が細かく仕分ける必要がある。

品目ってなに?

勘定科目がカテゴリーだとしたら、品目は更に再分別する小カテゴリーです。

勘定科目と同様、ある程度は会計ソフト側で用意してくれていますが自分で分かりやすい好きな品目を設けてもOKなのが特徴です。

品目の下に『部門』を設けて更に細分化していくこともできます。

ほんと、自分の分かりやすいように分けていけば問題ありません。

僕の実際の仕分け例を紹介

読んでいるだけではよく分からないと思うので、実際に僕が仕分けている例を紹介していこうと思います。

勘定科目はある程度決まっていますが、品目の分け方については自由度が高すぎるのでブログのカテゴリー設定と同じで最初によく考えた方が良いです。

後から『やっぱりこうすれば良かった』と仕分けなおすのは凄く骨が折れるからです。

では、さっそく見ていきましょう!

アフィリエイト収入について

アフィリエイトの勘定科目は『売上高』を使います。

ブロガーは広告仲介業なので売上高と聞いて最初の頃はしっくり来なかったんですが『売上高』で大丈夫です。

ASPの数ってそんなに多くないですから、ひと月に『売上高』で仕分ける件数が少ないのが悲しいですね(笑)転売とか輸入とかの物販やってるひとは件数が膨大になってそうです。

品目は拡張性を持たせて『アフィリエイト収入』

次に品目ですが、僕は『アフィリエイト収入』と指定しています。

ブログ運営をしてるならわざわざ指定する必要はないのかもしれませんが、今後どんなビジネスをしていくか分かりません。

今後有料Noteを売って『Note売り上げ』の品目が増えるかもしれませんし、物販を始めるかもしれません。品目で絞り過ぎるのではなくてある程度拡張性を持たせましょう。

部門で『クリック報酬』と『成果報酬』を細分化してます

品目の次は部門ですが、僕は『クリック報酬』と『成果報酬』で細分化しています。

ASPの違いは『取引先』で指定できるので、部門で仕分ける必要はありません。

『売上高』のポイント

今後、収入の幅が広がるかもしれないので品目の設定には拡張性を持たせよう!

サーバー&ドメイン利用料は?

サーバーやドメイン利用料の勘定科目は『通信費』を使います。

独自ドメインでブログ運営してる人は必須の項目になりますね。

『長期前払い費用』とか『広告宣伝費』とかで処理する人もいるようですが、ぶっちゃけどっちでも良いです。

肝心なのは同じルールで仕分け続けることであり、今月は『通信費』、来月は『広告宣伝費』みたいなことにならないようにしましょう。

仕分けのポイント

自分で決めた同じルールで仕分けし続けること!

有料Noteや有料サロンの費用は?

有料のNoteやサロンにお金を払った場合の勘定科目は『新聞図書費』にします。

Noteもサロンもデジタルなので違和感を抱くかもしれませんが、そこは時代が追い付いていないだけなので問題ありません。

どこまでが経費に落ちるのかの線引きは税理士さんに要相談ですが、ブログとは全く関係ない本を買っても当然経費にならないので注意しましょう。

(ちなみに参考写真はビットコイナーとして有名な平野氏のオンラインサロンです。)

ポイント

有料Noteやオンラインサロンなどのデジタルコンテンツも『新聞図書費』!

インターネットやスマホ通信料は?

インターネット回線費やスマホ通信料の勘定科目は『通信費』にします。

サーバー/ドメイン料金と同じですね。

ブログ運営にはインターネット環境が必須ですから問答無用で経費にしています。

スマホ料金は経費になるのか?

『スマホ料金が経費になるのか』はよく議論されることですが、僕たちブロガーやアフィリエイターはスマホを大いに活用しますよね?

というか今どきスマホを活用しないブロガーなんていますか?

アナリティクスや成果発生もスマホで確認できますし、僕は下の記事で紹介しているように作業効率を最大にUPさせるためスマホで記事の下書きだってします。

【アフィリエイト作業効率化!】副業ブロガーは日中の空き時間を有効活用すべし!

プライベートよりもブログ運営関係でスマホを使うことの方が圧倒的に多いので経費として処理しています。

ポイント

ライティングや成果確認・アクセス解析にスマホを使うなら経費として処理できる。

作業用PCやスマホを買ったんだけど?

ブロガー・アフィリエイターの仕事道具であるPCやスマホ(10万円以上)を購入した時の勘定科目は『一括償却資産』になります。

法人税法を参照すると

一括償却資産として処理した場合、購入後3年間で均等償却を行うことになります(簡易計算のため月割計算は必要ありません)。

また一括償却を行うかどうかは各資産ごとに選択できることになります(法人税法施行令133条の2第1項参照)。

ちょっと今までの項目と違うのですが、購入した額を3年間に渡って経費として計上することになります。

ちなみに10万円以下だった場合は勘定科目を『消耗品』として登録することができるので、できればスマホは10万円以下の物にしたいですね。

固定資産として登録

僕はPCはSurfaceProを使っているので10万円以上で『一括償却資産』になります。

正確には156,924円で、これを3年間に渡って経費として計上していきます。

クラウド会計ソフト『freee(フリー)』 の場合は『確定申告』のタブから『固定資産台帳』に進むことで登録できます。

実際に登録するとこんな感じ。

耐用年数3年ってなってますけど、それ以上使い倒すつもりです(笑)

ちなみにSurfaceProはタブレットPCのイメージが強いですがデュアルモニターでガリガリ作業することもできるのでお勧めですよ。

なによりカッコいい!

ソフトウェア関係は?

検索順位チェックツールとしてGRCを使っている人は多いです。(というか必須)

GRCは10万円以下なので勘定科目を『ソフトウェア』にして登録しています。

固定資産の登録は必要ありません。

PCやスマホなど高額なものは?

  • 10万円以上のパソコンやスマホの勘定科目は『一括償却資産』にして3年償却の固定資産にしよう。
  • 10万円以内だと『消耗品』で固定資産登録は必要なし。
  • GRC等のソフトウェアの勘定科目は『ソフトウェア』でOK。

家賃も経費になるのか?

アパートや家などの家賃の勘定科目は『地代家賃』にします。

ただ、今までの科目と違って副業でやってる場合は家賃の全額を経費にすることはできません。法人アフィリエイターが事務所を法人名義で契約しているのであれば全額経費で落ちると思いますが、僕ら副業ブロガーの場合は生活スペースと作業スペースが共用となっているはずです。

その場合、敷地全体に対する作業スペースが占有している割合を出し、そのパーセント分だけ経費にするようにします。

僕はアパートの3部屋あるうちの1部屋をアフィリエイトで占有しているので家賃の25%を経費にしています。

家事按分を活用する

占有率によって経費を求める事を『家事按分(かじあんぶん)』といって、『プライベート』と『事業』で共有している経費を占有率で分けることができます。

会計Freeeの場合は確定申告のタブから設定することができ自動的に家賃から算出してくれます。

簡単です。

家賃は固定費の中でもかなり大きな額なので算出は面倒くさいかもしれませんが妥協せずに経費にできるものは計上しておきましょう。

まとめ:割と自由に仕分けできるが『一貫性を持つ』ことが重要

ブロガー・アフィリエイターが使うだろう勘定科目はほとんど網羅できたのではないでしょうか?

必ずしも同じようにしなければならない訳では無いので自分が仕分けやすいような品目・部門を設定すればOKです。

ただ『一貫性を持った仕分け』にすることだけは守ってください。

同じような支出なのに月度によって品目や経費かそうでないかが変わってしまうと確定申告時に辻褄が合わなくなって大変です(^_^;)

日頃のコツコツと熟す正確な仕分けが確定申告を楽にすることを覚えておいてください!

サラリーマンの副収入を本気で考える!

ブログへの質問や、より踏み込んだ情報はLINE@にて!

ありがちな『毎月数百万円稼げる!』ような『ぶっ飛んだ話』は配信していません(^-^;

管理人自信もサラリーマンです。

等身大のサラリーマンが考える現実的な副業・副収入に関する情報

をテーマに発信しています。

-アフィリエイト, 個人事業主&確定申告
-

Copyright© サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.